上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の大地震で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます





阪神大震災の時もその威力に呆然としましたが今回はその範囲の広さ、また津波の凄まじさに言葉もありません。
軽々しいことは言えません。願うことは被災された方々が(地震以前と同じとはいかないと思いますが)、『日常』に近いものを取り戻せる日が一日も早く訪れてほしいということです。

そして原発。数年前の臨界事故が思い出されました(きなはとても頭が悪いので本を読んでその深刻さを知る)。あれとはまた原因は違いますが、施設は原子力発電所、同じです(場所も違うけど)。
誰それの対応云々などの批判などに関しては、私はずぶの素人、おいそれと口に出せることではありません。ただひたすら避難された方々が再び家に戻れる日が早くくること、また現場で作業されているプロフェッショナルの人々が無事ご家族の元に戻れる日を待ち望みます。


---


東北方面に直接の知人はいないのですが、冷静に考えれば旅先では美味しいマグロを食べさせてくれたお店の人とか、飲み屋のおもろいオッサンとか、親切なタクシーの運転手さんとか(酔っ払いの相手をさせてすみません)、美味しいお寿司のお店まで連れてってくれたタクシーの運転手さんとか、美味しいお寿司のお店の方とか、民宿で食べたお米を作っている農家の方とか、親切な陸自(青森駐屯地)の方とか。
旅でも一期一会の出会いがあって、その人たち、もちろん名前も顔も覚えていませんが、その方たちや家族の方がどうか無事であってほしい、それはつまるところテレビに映しだされる人たちがたくさん無事であるなら、私が出会った人たちも無事でいるはず、という気持ちがもっともっと高まるわけで、何を言っているのだ私は。つまりは、そういうことです。

スポンサーサイト
テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/02(Mon) 18:53 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。