上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュアリー・サムデイ

[監督]
小栗旬

[出演]
小出恵介、勝地涼、綾野剛、鈴木亮平、ムロツヨシ、
小西真奈美、モト冬樹、原日出子、遠藤憲一、須賀貴匡、
笹野高史、大竹しのぶ、津田寛治、妻夫木聡、小栗旬、
横田栄司、竹中直人、岡村隆史、吉田鋼太郎


やふ映画で出演陣を見て(パンフ売り切れorz)、えっらい贅沢じゃね?と改めて思いました。
あと、妻夫木聡・小栗旬の名前には素で驚いた。何度も堂々と登場しているのに、なにも考えずにナチュラルにスルー。よくあります。だって、帽子かぶったらさぁ・・・。
よほどのことがない限り役者を覚えない。

今回はその『よほどのこと』が出演なさっていたのと、『小栗君初監督』ということで。



■物語

高校を中退した5人組の数年後のドタバタ・・・・・・。


以下、前半:いつもの感想、後半:自重しきれなかった部分の感想(反転)

ネタバレ、ネタバレ~
■感想

のっけからハイテンションで驚きつつ、やばいと早速感じたのは、勝地涼以外の主要人物(4名)について知っているのは小出恵介のみで、その小出君も真澄ちゃん(@のだめ)のイメージだから、アフロにして「千秋様~」と言ってくれないと分からないので、要するに名前しか認識していない状態で見分けつかなかったらどうしようかと本気で焦りました。

それぞれ個性的な役柄だったので、物語がすすむに連れて大丈夫になりましたが。

時折登場する、素晴らしき出演陣にえっえっえっとなっておどろいたり、小西真奈美は可愛いのぉとなったり、物語はどう進むのだろうと思いながら観ていました。

爆発騒ぎで高校を中退して、その後いけてない数年を送っていた人たちが、仲間の一人が持ち込んでしまった『事件』を通して、過去を乗り越えてあれあれしていこうという流れになって、過去の様々な出来事がリンク・リンクしていくという・・・・・・そこ巻き戻しィィィィィ!!という場面があったり、少々えぐいなぁと思ったり、ぬるいなと思ったり、たくさんのエピソードがこれでもかというくらいに満載で、意外と笑ってしまったり。


テンポの良さと明るさと可愛さ(約1名)でちょっと見失いそうになりましたが、よくよく考えると、なんか、やりきれない話だと思いました。

いい感じに詰め込んで詰め込んで、エンディングへと。

エンディングまで楽しめるのはいいなぁ。ありがとう、小栗監督。
本気でにやにやしてしまった。わー。




ここから、一部出演についての偏りまくった感想(反転)
主にかわいいとかかわいいとか言っています。そしてネタバレ


しょっぱなから 勝 地 涼 炸裂!!

なんか、テレビみたいに押さえた感じじゃなくて、はっちゃけた感といいますか、思いっきり楽しんで、役にのめりこんでやってるなと、小さな画面だと大げさすぎてなんかなぁと思われるキャラクタを、もう画面いっぱいに楽しく可愛く・かっこよく・可愛く演じているようにみえて、とてもとても、もう冒頭からもう眼福眼福。うっ。

見事な三枚目・DO貞キャラで、空気人形でちょっとやんちゃなことをしたりという場面がありましたが、最初から最後まで、その楽しいキャラクタのままつっきてくださり、かわいいなぁと(くどい)。

それでも、ラスト近くで、え、小栗監督、そこまでさせる!?という、多分勝地涼じゃなかったら普通になんか不憫だなぁと観ているけど、勝地涼だからなんか哀しくなる場面があって、本気で凹みました。演技と分かっていながらムカツク。
その哀しい、屈辱的な場面の後、打ちひしがれる(ちょいフィルタかかっています)彼に、小出恵介がしっかりと言葉を伝えている場面がまたまたかわいくて、少し、カリギュラの詩人を思い出したり、そうだよ、三枚目を見事に演じているけれども、懊悩する若者の役も思いっきり似合うし、切なく演じられるんだよと思いました。

つまるところ、この映画ではひとつの役にたいして二度美味しい勝地涼ということでした。
小出恵介が勝地涼にしっかりと言葉を伝える場面はあれです、今年の眼福映画シーンに選ばれてもいいと思います。


あまりのはっちゃけっぷりに、「影の主役!?」とか勝手に思ったりして。
いや、彼が出演の場合はほぼ「影の主役」ですが。いや、フィルタを外しても影の主役は彼です。


エンドロールは勝地涼の為に存在している(`・д・´)キリッ

と信じています。


そして、映画と舞台だなぁと思いました。うん、テレビもね、かわいかったりするのですが。
まともに観たドラマって「白旗の少女」のような気がしてならない。あ、あと、小児病棟のとハケンのドラマか。要するに今のは観ていないと。
この映画も、思いっきり土9の時間帯にかかっておりました。



全体を通して、ヤクザになった子を演じた鈴木亮平という人をかっこよいなぁと思っていたのですが、やふ映画の写真を見ると自分の記憶とちょと違っていた。あっれー?

そして、小出恵介がえっらい男前で、真澄ちゃんと一致しませんでした。
同名異人じゃないし・・・・・・。

うーん・・・・・・。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
こんばんは!
あはは、小出くん以外不明だったんですね(笑)。
私は引きこもりの彼以外はわかりましたよ^^。
妻夫木聡・小栗旬は見てる間は気づかなかったんですね。すっごい出てきてたのに(笑)。

あのエグいシーンは私もちょっといやでしたね~。下ネタがあんまり好きじゃない&うちの子になにさせんだ!ってなりましたね、うん。

でも、最近のコメディ路線の中ではかわいかったですよね!
美丘より全然いいですね。
長髪派なんですが、あの短髪はかわいかったです♪
あと時折見せる真顔が、ああ、やはり美しい~!と。

やはり映画と舞台、に全力で同意です。
ドラマは選ぶのがヘタすぎるぅ。
2010/08/12(Thu) 23:55 | URL | りな | 【編集
Re: タイトルなし
りなさんへ

こんにちは
ええ、もう見事に「誰?」な状態でした。
妻夫木聡・小栗旬の二人については、目立つ制服だなぁと思ってはいたのですが、まさかそんな有名人とは。妻夫木君にいたっては、エンドロールで名前が流れたときに「どこにいた?」って真面目に巻き戻したくなりました。

例のシーンは本当に勘弁してください状態。そこまでやるかと。ホント、うちの子になにしくさってんだという感じでなんで私はただ観ているだけなんだろうかと。ハイ。

長髪・短髪、ばちこい派です。あ、でも第一印象は如月君なので短髪派になるのか?ん?
今回は本当にかわいくてかわいくて大変でした。出演時間が長くて嬉しいし。

>>やはり映画と舞台、に全力で同意です。

ありがとうございます。
基本テレビドラマ自体観ないのですけど、勝地涼(敬称略)のドラマは・・・魅力が活かし切れないというかなんというか。選び方なんですかねぇ、やっぱり。事務所の人ー。

来月も映画ですね、予習結局しないまま行きそうです。

2010/08/14(Sat) 16:08 | URL | きな | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。