上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べたいほど愛しいイタリア

アレッサンドロ・ジェレヴィーニ/新潮文庫

読了。

面白い上に読みやすくて一気に読めました。
なぜかイタリア。塩野七生先生はどこへいった!?
訳者がいないってことは、このアレッサンドロ氏が日本語で書いているということです。
スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。