上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞台『蜉蝣峠』DVD化。

そこはまだ落ち着いていられます。
買わないから(ファン失格ですか)。

が、うっかりさんが出演俳優の所属事務所HPから
DVD情報へのリンクをクリックしたおかげで
冷静と情熱の間から情熱だけになりました。

―――――――――――――――――――――――――
【ラインナップ】

A-DVD(通常版)
B-DVD(通常版)+パンフセット
C-DVD(special edition)
D-DVD(special edition)+パンフレット
―――――――――――――――――――――――――

パンフレット持っているし、いくら冷静さを欠いていようと、
ここはタイプ-Aを選ぶところです。
が、この“すぺしゃる えでぃしょん”というのが曲者で、
よくこれに釣られてDVDを買っちゃう人がいるんですよね(挙手1)。

これもクドカンとか古田さんとかだけで構成してくれたら
後ろ髪を引かれて終わりだったのに。

>>罰ゲーム~勝地涼が熱唱?!~

後ろ髪引っ張られて振り返る勢い、たとえ鞭打ちになっても。

噂の罰ゲーム。
そんなおいしいけしからん日に観劇していないので、
やりやがったなというか、なんで私が大阪行った日にしないんだ!
という思いやりのかけらもない気持ちでいっぱいになった罰ゲーム。

・・・・・・・・・・・・・・

笠原氏のブログだけで我慢しなさい、勝地涼の素敵な面を楽しむのは。

と自分を戒めたい今日このごろ。

そういえば、犬顔家は映像化されていないのですか?
(唯一千秋楽に行きました)

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。