上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台で牛タンを食べてきました。

まずは「きすけ」。
漢字変換どうするんだろう、とか、
読み方が覚えられずずっと「なんとか・すけ」と認識していた、
東京駅のkitchen streetにもあるじゃないか、「きすけ」。

店に入るまでは牛タン「定食」で済ませようと思ったのに。

まずは、牛タン。一緒についていたキュウリが美味しい。
野菜不足を気にしてトマト、でも焼け石に水。
RIMG0207_convert_20090905125038.jpg

何かに遠慮して、生レモンチューハイ。

続いて、お通し(250円、注文自由)のとうふたん。
冷たいと思ったら、温かいお豆腐の上にタンのひき肉。うめぇ。

気がついたら空になっていたし、熱燗1合。

とまらないよ、牛タンのつくね、
煮込みが品切れで、テールスープ。

多少は覚悟していたけど、一人じゃおおきい卵焼き。

RIMG0208_convert_20090905125250.jpg RIMG0209_convert_20090905125324.jpg
RIMG0211_convert_20090905125407.jpg RIMG0215_convert_20090905125449.jpg

シメにとうふたん、もう一回。

ほかにもいっぱいいっぱい食べたいのがありました。

が、明日にひびくといけないので、終了。

しめて4,000円オーバー。


///............................................................................................///

     牛タン焼きの「きすけ」 定禅寺店
    (三越仙台店の近所、定禅寺通り沿いのB1F)

///............................................................................................///

[反省点]
旅疲れ(移動疲れ)の上、店を探して霧雨の中をふらふらしている体に
アルコールを放り込んだらまともに歩けなくなり、
タクシー拾って、多分ワンメーター先の宿へ。

お金を払って気付く。
宿の隣に、「きすけ」の看板。

三越までちんたら歩いた私の立場がない。


スポンサーサイト
テーマ:旅日記
ジャンル:旅行
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。