上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京DOGS #最終回

1~4話まで観ていきなり最終回です。
そうしたらいきなり堀川刑事(勝地涼)が入院してるし。何があった!?
臼井あさ美のフルーツ盛がよかったです。可愛いなぁ。

今回の見所…東幹久の奥様は、松本明子(役名不明)

小栗旬の今回の衣装と短髪は素敵でした。
一瞬、お父さんグッズをくれないSBからauに乗り換えようと思ったくらいに。

ネタバレみてたから、ユキちゃんが神野の恋人っていうのは知ってたけど、仲村トオルでびっくりびっくり。
全ッ然バランスがとれてない(妹でいったほうが良かった気が…)。
マフィアのボス狙うんなら、もっと口の堅そうな美女を選んでよ、神野さん。てか、安らぎ求めるな。
(月9のドラマ感想でマフィアと入力している時点でプププなのですが)
その設定なら、大塚寧々様の方がビジュアル的にもずいぶん美味しかったような気がします(主演二人は据え置きで)。

最終回のヒーローは、鈴さん(志賀廣太郎さん)。
美女のピンチを颯爽と、しかも自分も無傷で救っているんだから。
かっこいー。

そうしているあいだに、「約束の場所」で神野と対峙するユキちゃん。
ユキちゃん、なにあれ。自分はぜったい仲村トオルに撃たれない自信があるんだよねえ。
神野さんもちゃんと当てようよ。
マルオは最後の最後まで猪突でした。



毎回毎回、恋愛模様を匂わせているたびに結局いつもの恋愛ドラマかよ、と携帯いじくりながら観ていましたが、最後の最後で一本背負いしてくれたからいいことにしよう。

ということで、ひさびさに観た月9も面白くないまま終わりました。
小さく面白い箇所はあったけど、全体的には別にってかんじ。

次は舞台か。貯金しとこ。
スポンサーサイト
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。