上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Inouekabuki-Shochiku-mix
蛮幽鬼

‥‥‥

行ってきました。
夜公演で21:00には終わるかなと思っていたのですが、
上演時間は18:00~21:30(途中25分休憩有)。

二階席がアレですが、遠くで堺雅人さんを観てきました。
なんだかんだと、遠くでも声で分かる粟根まことさん。
(堺雅人も稲森いずみも上川隆也も分かりますが…)


物語は、復讐譚。
同僚の裏切りで牢獄に放り込まれ、脱獄する男(上川さん)の話。
手となり、足となるのが堺雅人さん。

物語が入り組んで大丈夫かなぁと一抹の不安はありましたが
すごいですねえ…最後までどーんどーんと話が進み。
ラストは…涙する人がいました。

アドリブも時事ネタがからめられていました。
「南港ターミナルに座っていただけなのに」って。
5秒くらい考えましたけど。

切ない物語で、稲森いずみの存在がそれに拍車をかける。

そしてどこかイッテしまっている堺雅人の笑い声。
クセのある役をすると魅力が何割も増すような気がします。

カーテンコールは、万雷の拍手。

終電ギリギリで帰宅。
出待ちしていたら大阪で一泊になるところでした。

‥‥‥

舞台が始まる前に買ったのが、GOKANの焼き菓子。
蓬莱の肉団子(甘酢、500円ちょっと)は諦める…。

スポンサーサイト
テーマ:演劇・舞台
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。