上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本映画史上初となるデジタル3D実写映画『戦慄迷宮3D』が公開

主演が柳楽優弥。

そうか、柳楽くんか。「誰も知らない」は可愛かったなぁ…
デジタル3Dってなに?
左右の色が違う色眼鏡(レンズ部分はセロファン)で観るの?

という感じでいました。

だったのに。

ぜんぜん関係なさげな某公式サイトで、勝地涼のサイトを観にいったら、
タイトルだけ見てスルーしていた記事の、映画のタイトルがまた目に入りました。

そうくるか!!

がぜん行く気。

記事もよく読んだら、監督・清水崇で、内容ホラー。

富士急ハイランドのアトラクション云々がいまいち分からないのですが、
多分、半泣きになると思います。



↓ホラー(映像)の基準。

「着信アリ」は画が気持ち悪いけど、そこはかとなく笑えました。
高橋克典主演の「リング」は怖かったです。
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。