上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルパンの消息

横山秀夫・著/光文社文庫

読了…。長編でも一気読みの横山秀夫でした。

最初はタラタラでしたが、
途中から、コマ切れに読むとストレスが溜まりそうになったので
とっとと読みました。

とっとと読んで正解の物語。


■物語
15年前の女性教師の自殺が、他殺であるとの情報が
忘年会中の警察の元に届けられる。
なんでか3億円事件も絡んで、殺人事件の時効まで24時間を切る。

以下、感想文


スッキリしない感想をひとつ。

―――「曲輪」って、どう読むんですか。

溝呂木さんみたいにどこかでルビを振られていたのかなぁと
必死でページをめくる。
物語も後半(250ページくらい)で気づいたけど後の祭り。
読めないまま、物語が終わりました。
「くるわ」と読めるそうですが、物語上ではどう読むのか、不明。
違うストレスが残っています。

本題↓

時効成立前日と、15年前の出来事が交互に登場しますが、
当時の高校生(やんちゃ盛り)がかなり老けてます。イメージが。

不良だけど、不良だけど、どこか抜けてます。

それはそれとして、時間が進むに連れて、色々な事実が浮かび上がり、
またそれを探り当てていく当時不良の高校生たちもすごいなぁと思いつつ
やがて辿り着いた事実は残酷でした。
というより、ちょっと生々しくてパス。
著者が男性だから、そっちを選んだのかなぁと邪推してしまいます。

時間ギリギリなところはもうなんか、てな感じで、
刑事さんがトイレでサルトルの小説のタイトル(未読)をしたときは
え、あんたもしかして…!?でももうページ足りないから
あらたな関係を持ち出さないでおくれとちょっと心配になりました。

物語と関係あるんだかないんだかの過去のエピソードで
思わず美しい光景を思い描いたのは、
相馬という同級生(やんちゃ仲間)と彼の妹の場面。

ふりょーも色々いるわけで、子どもには優しい人もいるのですよ。

それがまた将来に?がっていくと思うと、袖振りあうも他生どころの縁じゃないです。

まとめると、「曲輪」さんの読み方以外は、スッキリ。

橘くんには幸せになってほしい。
喜多さんは…ごめん、チャーシューメンの人だったとは。
ジョージはそれなりに幸せだけどそのうち野垂れ死にしそう。


ルパンの消息 (光文社文庫)ルパンの消息 (光文社文庫)
(2009/04/09)
横山 秀夫

商品詳細を見る


amazonを観たら、ドラマになっていたそうです。
スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。