上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン

シェリー・ブレイディ著/宇丹 貴代実・訳(草思社)

ドラマ観忘れた…!!

読了。以下、感想文

前向きすぎるひとの生き方でした。

なにより驚かされるのは、ビル・ポーター氏のお母様の
「神は過ちを犯さない」という信念。
だから、息子が脳性まひになったのも神様からの贈り物(意訳)だから
逆境と思うことはない。

どんだけ前向きなんですか。

信仰も、人によって表われ方が違うんだなぁとしみじみ思いました。

ポーター氏の仕事に対する姿勢は頭が下がります。




きっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマンきっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン
(2004/03/25)
シェリー・ブレイディ著/宇丹 貴代実・訳

商品詳細を見る


スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。