上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅のなかに入っている本屋さんは(改札内ではなくて)、
スペースに限りがあるから新刊とか雑誌とか、
売れてる作家の文庫が主なイメージで
1軒目は見事にかすりもしなかったけど、
2軒目ももっと狭いからあるわけないよ…とダメモトで本を探したら、

あった。

高橋和巳「わが解体」(河出文庫)

白川静のことが書かれているから興味を持ち、
その下りだけ読んだら満足しました。

パラパラと文字も読まずにページをめくった感想…

改行少ない!
漢字が多い!

以上

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。