上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪ハムレット

監督/光石富士朗
出演/松坂慶子、岸部一徳、間寛平、他

……遺影の写真を予告で観て興味を持つってどうよ。

面白かったです。

【物語】
突然夫(父親)を失った一家に、亡き人の弟があらわれ、
一つ屋根の下に住むことになる。
そんな状況の中、3兄弟の真ん中は、それを知った教師から
「ハムレット」みたいと言われて、図書館で「ハムレット」を借りる。

以下、感想文

有名な物語も大阪弁(関西弁?)で翻訳されると別の響きを持つことが判明。
といっても、シンデレラとハムレットだけですが。
なにより、ハムレットなんて読んだことないし。

それはともかくとして、三人の兄弟が面白い。

とくにやんちゃで喧嘩に強い次男が。

なんだろう、パンツとランニングと派手なアロハシャツの格好が
ふつうに可愛く格好いい。

そして、色んな事があっても平静を保ちつつ(?)、
毎日を過ごしている生命力はすごいなぁと思いました。

なにより、岸部一徳さんのぼんやりとした演技がたまらん。

スポンサーサイト
テーマ:邦画
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。