上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさに司馬遼太郎の本を読みながら、
本を買う。

貫井徳郎(「貫く」「井戸」「徳川一郎」と打って調節)を2冊、

司馬さんつながりで、「史記列伝 一」。

この岩波文庫「史記列伝」、当然日本語訳。
3人の共訳。
その中で目を引いたのが「小川環樹」。

どこかで見覚えのある漢字の並び(「環樹」が)と思って確認したら、
先日読み終えた「旅人」の著者・湯川秀樹の実弟。
頭の良い遺伝子ってあるんだなぁと思った瞬間。


貫井徳郎は「慟哭」の衝撃が大きくて、
他の本も挑戦したいけど、ムダに期待しすぎて面白いと感じるはずなのに
首を傾げる事態に陥るのが怖くて避けていました(建前。本音は他にも読む本があるから)。

うん、楽しみ。

って、今は司馬遼太郎の「峠」。
上中下の分冊だから、桜が咲く前に読めるかしらと不安でしたが、
開くと文字が大きいだけな上に意外と面白いのでけっこう順調です。
いつまで続くかな?

スポンサーサイト
テーマ:今日のつぶやき
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。