上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芋づるじゃなくて、待ちに待った新刊

きのう何食べた? 2 限定版 (2) (モーニングKC)きのう何食べた? 2 限定版 (2) (モーニングKC)
(2008/11)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


限定版の、台所でも使えるビニールカバー付のものを買いました。
明太子のディップが登場します。
たぶん、よしながふみの料理でいちばんよく作っている料理です。

芋づる式なのは、
「遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス」藤原正彦/新潮文庫
「自由と規律―イギリスの学校生活」池田潔/岩波新書

阿川弘之の「大人の見識」より、ズルズル~っと買ってしまう。

でもいま読んでいるのは吉村昭。
中島義道の本はつねに携帯して、他が飽きたときに読んでます。

美容院でひさしぶりに「SLUM DUNK」を読みました。
安西先生の名台詞と三井の告白の回で、不覚にも感動しました。
あらためてみると水戸くんの男前っぷりにびっくりしました。

美容師さんに伺った話では、最近の若い人は「SLUM DUNK」を知らないそうです。
え、こんな有名な話を!?と思ったのですが、
冷静に考えたらこれもこれでかなり昔に終わった話なんですよね。

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。