上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブーリン家の姉妹

監督/ジャスティン・チャドウィック
出演/ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、他

ヘンリー8世が思ってた人より格好よかったです。

■物語
イングランド王に仕える貴族が、権力に近づくためにブーリン家の娘を差し出す物語。

■感想
またまたイギリスに行きたくなった!!!

以下、ネタバレ

後継者を生むのって大変だなぁと。
そして、権力者の側にいるのって神経使うなと。

アン(N・ポートマン)に興味をもって、直後メアリー(S・ヨハンソン)に心変わりをして
そのままお妃さまの侍女って、いやもう道徳とか別の世界の話なんだねえ。

その後、フランスから帰ってきたアン・ブーリンの要求っぷりがすさまじい。

最後、田舎に引きこもったメアリーと夫が子ども達を見守る中、
一緒に走っていたエリザベスという少女が
やがてスペイン無敵艦隊を破るケイト・ブランシェットになると思うと
歴史の流れってすごいなあと思うのでした。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。