上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドクリフ PARTⅠ

監督/ジョン・ウー

出演/トニー・レオン、金城武、他

ジョン・ウーといえば、白い鳩で、なんの映画を撮った人か覚えていないのが考えもの。

子どものころから、
古代中国でン十万人という動員というのはちょっと想像しにくいものでした。
一都市の人口がそのまんま戦争に借り出されるようなものですよね。

私のイメージする三国志(赤壁の戦い)は…

魯粛…使いっぱしり
周瑜…ヘタレ(映画じゃなくて、読んだ本!)
孔明…小船で野宿
曹操…げぇ!っと驚く人

で以下続きます。

■物語
赤壁の戦いは、横山三国志における単行本23巻~26巻くらい。
でも、読んだのはでっかいサイズの本でした。

曹操がまず劉備を追いかけてとっちめ、矛先を呉に向ける。
開戦か降伏か、意見が二つに割れて悩む若き君主・孫権(26歳らしい)のもとに
唆しにやってきたのは諸葛亮。

顔は覚えられませんが、登場人物の名前は上記のように
幼少のみぎりに読んだ横山三国志で叩きこんでます。

字幕で何度も名前が登場するので助かったり邪魔だったり。


■感想(ネタバレ暴走
横山三国志をベースに観ました、そんな感想。


ここここここ孔明がー、ちゃんと白い(薄汚れているけど)衣装で、羽扇で、髭で嬉しい。
関羽と張飛はみわけがつくかなぁと思いましたが、
髭は髭だけど髭の種類が違うので大丈夫です。
曹操さまはやっぱりワガママでした。
あれ欲しいこれ欲しいって、ちょっと、少しは足るを知りなさい!!
でも格好いい人が演じていたので困りました。ちょっと妄想入っている人でしたが。

趙雲が思った以上に格好よかったです。
赤子抱いて敵陣突破のエピソードをやるとは思わなかったので、
びっくり&感動。でもよく背中打たれなかったね。
桃園三兄弟の次男・三男もしっかり活躍。長男わらじ編んでました。

魏の水軍がすごかったです。
船に兵隊がたくさん乗っているのだけど、一艘ごとに寝るスペースあるのかとか心配しながら、
遠くまで水軍が続いているのをみるたび、中国広すぎ、と感心。
それよりも、携帯どころか無線もない時代にどうやって連絡取るんだろう。
将兵80万て。

周瑜が軍をまとめるだけじゃなくて、音楽に秀でる人というのをアピールするエピソードでは、
水牛を盗まれた農夫とその孫が陣営に訴えにきて、
どうやって入ったのかと誰も気にしなかったのかなあ。
周瑜がいい人だったからまぁいいや。

孔明が「動物のお医者さん」における漆原教授のごとき技をみせ、
その後周瑜と2人琴を演奏して友情成立。
仲良くなるんだとびっくり。

戦闘シーンはすごかったです。孔明みてるだけだけど。
一騎当千の戦いっぷりをする張飛・関羽・張飛、大活躍!!
3人ともすごく格好いいのですけど、関羽の強さにやられました。いやほんと。

強い人は武器はなくなっても周りから調達、馬も倒す、投げる、払う、
射る、突く、斬る、蹴る、飛ぶ、なんでもあり。
誰かがマトリックスやってました!

基本的に、剣・矛・鎗・弓矢を使った戦闘シーンを観るのは苦手なのですが
(100%作り物と分かるスリーピー・ホロウも怖い)
なぜかちゃんと観られました。多分、タメがないからだ。
命がけの縄跳びシーンはすごいなぁ。あれでどうやって逃げるつもりだったんだろう。

文章で「●●の陣形」といわれても、全ッ然わからないけど、
映画の「八卦の陣」は分かりやすかったです。本当に使われたかどうかは別にして。

クレジットではトップに周瑜/トニー・レオンとくるのだから仕方ないけど、
孔明はあんまり活躍していません。周瑜がヘタレじゃなかったから。
ヘタレは曹操でした。あうち。

赤壁といえば、
孔明が小姑・周瑜の「亮さん、ここにホコリが残っていてよ!」的ないやがらせを
イヤミみたいにかわしたり、夜なべして矢を集めたり、
鳳雛先生がびみょうに活躍したり、
魯粛さんが小心な周瑜と孔明の間を行ったりきたりしたり、

のはずなのに、肝心なところで「PARTⅡ」へ。
前哨戦みたいなかんじでした。
でも、赤壁は登場したから、「レッドクリフ」というタイトルに偽りはないです。

■重箱の隅
冒頭、太陽を背に攻める曹操軍を迎える劉備軍の策。
アルキメデスみたいなことをしているけど、字幕に「光線」。
違和感を覚える。

子馬に「萌萌」。思わずマサルさんを思い出す。

諸葛亮だけ、諸葛孔明なのは、馴染みがあるほうを採用したのでしょうか。

孫権の妹・尚香がじじい萌のはずなのに、孔明と2ショットがあって心配する。

曹操が描いた(描かせた?)人妻・小喬の絵がどうみても幽霊図にしか見えない。
そして小喬に似ているらしい驪姫という女性、どこかで名前を見た覚えがあるけど
三国志だったけ・・・??

白馬は孔明専用だと思います。

字幕版を観にいったはずなのに、いきなり日本語の語りが入ってものすごく焦りました。
とりあえず、中国が三国に別れてた時代だよ、という解説でした。

劉備のわらじを編む技術が欲しい。


スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。