上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルスラーン戦記<13>蛇王再臨

田中芳樹/カッパノベルス

読んでおりますが、さいきんは流浪の王子ヒルメスが
おもしろいです。
一部では王子さま意識の高い人であんまりでしたが、
二部ではそれなりに前向きになっていて楽しいです。
頑張れ、殿下!
しかもモテモテだし。

でも、チュルクとカルハナとミスルの関係を覚え切れず、
王子はいまどこにいるんですか!と。

それはそうと、<12>を読んだはずなのに空白期間が長いために
内容をほぼ忘れ、本の置場所も忘れ、復習する間もなく
新刊を読んだら、エステルが登場してびっくりする間もなく、
アルスラーンとあれあれな感じになって、やりやがったなと。

宮廷画家ナルサスがそろそろ死にそうと思って深読みしすぎかなぁと。
お兄ちゃん、アルフリードをあんまりたきつけないでくれ。

さて、次はいつでるんだろう…。

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。