上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レキシントンの幽霊

村上春樹/文春文庫

「レキシントン」という単語の響きにひかれて購入、
やや読了。

7篇の短編集。

ときどき目が覚めるようなきれいな言葉があったり(忘れるけど)、
犯人が登場し無いのでさっぱり分からなかったり(ミステリーじゃないし)、
だからなんなんだ、この登場人物は!!だったり、と。

世界がさっぱり分からないまま物語がすぐ終わり、
次の世界へうつるを繰り返し、最後の「めくらやなぎと、眠る女」の
イントロダクションを読んで諦めました。

ノルウェイの森と関連がないと断りを入れられても、
いま思い浮かぶのは、キュウリと自殺くらいなので分かりません。

伏線ない上に、ここまで行間読むのが難しいなんて、さすが村上春樹。
うそです。自分が文字しか追いかけていないからです。

それでもなんとか怖いと感想を持てたのは『沈黙』。

表題作の『レキシントンの幽霊』は…はぁとなり、
『氷男』は…女の一人称の物語に軽くめまいを覚える。
『トニー滝谷』ではダーリンは外国人を思い出す始末。

ふだん読まない本を読むと、あらためて読解力のなさを思い知らされます。
そんな一冊。

…さらなる独り言
「ノルウェイの森」もここ3、4年の間に読んでいるのですが(初・ハルキ)、
なんでこんなに入院率や自殺率が高いんだと本気でびっくりしました。
スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。