上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
崖の上のポニョ

監督/宮崎駿
声/たくさん

ポーニョポーニョポニョ…

観てきました。
夏休みも終わったし少ないだろうなぁと思ったらビンゴ。
なーのーに、なんで横は親子連れ(大人2、子ども3)なんだろう。
案の定、横の娘さんがぐずりだしました。
まぁシネコンの定めなのか、上映前に長いCM&映画予告でなかなか
ポニョが出てこないからイライラする気持ちも分からないでもないけどね。

そんな感じで、宮崎アニメにいいトシこいた大人がいっているのだから、
子どもの声ぐらいは多少我慢しましょう、という気持ちで観ていました。

■物語
さかなの子「ポニョ」と人間の子「宗介」が出会う物語。

ポーニョポーニョポニョ…

以下、感想文。

宮崎アニメのお話をすんなり取りこむことは
「もののけ姫」から諦めていただけに、今回はまだマシ。

ポニョと宗介くんのことさえ見守っておけば、
あとは野となれ山となれ。

しかし、ポニョの妹(大量)が可愛すぎる!しかも声が矢野顕子さん。

所ジョージはなんなんだと思っていたら、父親!?なんでフジモト?
しかもお母様は天海祐希さま。
女王は教室だけでなく、海の女王さまでした。
はあ、素敵な声。

なんで宗介は両親を名前を読んでいるのか(しんちゃんの影響?)、
という疑問は残ったけれど、細かいところを気にしていたらどうにもならんのです。
地球温暖化の影響で海面が上昇して宗介の家の床すれすれまできたにも関わらず、
靴がなんで浮かないとか。
言い出したらキリがない。

人魚姫を下敷きにしているだけあって、
人間になるためには王子さまとあることをしなきゃいけない。
宗介くんはいい子だから、約束を忘れるわけはないと思ったけど、
なかなか行動にうつりゃしないから心配していたら、
お姫さまが積極的でした。

個人的には人間になったポニョもいいけど、お肴お魚ポニョのほうがすき。
スポンサーサイト
テーマ:崖の上のポニョ
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。