上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブッダ(全12巻)

手塚治虫/潮ビジュアル文庫

ついに読んでしまいました。
ブッダが泣いた手塚治虫の「ブッダ」。

手塚治虫の本は「火の鳥」「 陽だまりの樹」「シュマリ」くらいしか
読んでいないのですが、どれも好き。
いろいろ考えさせられたり、
まんがとしての笑いどころもあったり。

そして今回「ブッダ」を大人買い。
登場人物が多く、いろいろと関わりあっていくので
まとめ買いをして正解。
おもしろかったです。

動機はこの本↓



聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る


聖☆おにいさん 2 (2) (モーニングKC)聖☆おにいさん 2 (2) (モーニングKC)
(2008/07/23)
中村 光

商品詳細を見る


はじめて雑誌で読んだのが、2巻冒頭のクリスマスネタで、
これでかなりはまり1巻を即行買いました。

いろいろとコネタがきいていて面白いです。
ところどころ分かるネタがあったりして。

好きなのは、「人はパンのみに生きるにあらず」と、偶像禁止ネタ。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。