上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝ぼけ署長

山本周五郎・著/新潮文庫

読了。
山本周五郎といえば時代劇のイメージなのに、
初周五郎が維新後の推理物って。

以下、感想文

……時代がわからないけど、イメージとしては第二次世界大戦前だと思います。
タイトル通りの、寝ぼけ署長が管轄区域で起こる
事件をあざやかに解決!

語り手は、署長のそばに控える「私」。
殺人、真珠の首飾り紛失事件、野菜泥棒事件、などなど、
難しい問題を署長さまが人情味あふれる手腕で解決なさって、
真珠の首飾り紛失事件(正しくは「一粒の真珠」というタイトル)の
ラストはすごく好き。
もっと好きなのは、「十目十指」という野菜泥棒の話で、
解決してよかったよかったと思いました。

署長さんが自ら事件現場に赴いて調査するのはいいけれど、
本職の方々はどうしたんだろうというのは途中から考えなくなりました。

そして署長といえば、北村総一郎さまが思い浮かぶので、
そのままのイメージで読むと楽しく読めると勝手に思っています。

物語とはほんっとーに関係のない所で、
「、」がやたら多くて、ひとつの文章が長いです。
途中で気づいたからあんまり気にならなかったけど。

作家の文体なんていちいち気にするどころか、
見分けてもいませんが、初めて特徴的な人に出会った気分。
スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。