上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっと欲しかったCharleneの
“I've Never Been to Me”(邦題:愛はかげろうのように)
をMusic Storeで購入しました。

探し方が悪かったのか、検索してもぜんぜん引っ掛かってくれなくて、
今回挑戦してやっとダウンロード成功。
うううう嬉しいよう。

歌声がとってもきれいで、もちろん英語の歌なので意味なんぞ知りませんが
きっときれいな歌詞だと夢見ています。
何回聴いても、まともに聞き取れた単語は「California」だけですから。
いままで「セント・ジョージア」と思っていたのが、
「Ooh I've been to Georgia」だったのですから。

◇     ◇     ◇     ◇     ◇

さいきんCDも買っていなかったし、通勤音楽がマンネリ化してたしで、
他にもいろいろと購入。

井上陽水の“少年時代”
Led Zeppelinの“Stairway to Heaven”

…etc。

レッド・ツェッペリンはずっと「Red Zeppelin」と勘違いしていました。
ポーニョポニョポニョもダウンロードしました。

他にも気になる曲があるはずなのに、いざ買う段階になると思い出せない。
ネットカフェで読む漫画を選ぶのと一緒。


スポンサーサイト
テーマ:音楽的ひとりごと
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。