上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺たちフィギュアスケーター

監督/ウィル・スペック
出演/ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー、ウィル・アーネット、他


再び世界の檜舞台に立つために、いろいろ頑張る
血と汗と涙とお笑いの物語。

あのむさくるしいポスターを見た瞬間、
好みのいい男が出ていないから絶対観にいかないだろうな~
と思っていたら、「フィギュアスケーター1枚」とチケット売り場で
言っているんだから、世の中分からないものです。

あほみたいで下品で下品で下品で…なのに、
大笑いしてしまいました。
だって下品なんだもん。おばかなんだもん。

以下感想文(?)


仲の悪かった者同士が自業自得で出場停止処分を喰らい、
フィギュアスケート界からも追放されて散々な目に合っている2人が
ひょんなことから実は相性がいいんじゃないかということで見出され、
規範の網の目をかいくぐって再び世界を目指す、
真面目にやったら5秒で寝てやるという話です。

場所がないから冷凍庫(?)に水を張って凍らせた即席リンクでの猛特訓では、
紙に書いた鍵盤でピアノの練習をしていた小泉今日子を思い出す。
一撃必殺の大技や、ライバルの妨害やスパイとの恋、
いろいろなエッセンスがちりばめられているのに、
あほみたいに笑ったことしか覚えていないです。

楽しく映画が観られたんだからいい映画、
というカテゴリに入れてしまうと他の映画に申し訳ないんだけど、
やっぱり面白かったです。

……ところで。
「ケリガン」という人名が出て来たのですが、
それが喉に刺さった小骨のごとく数分物語とは関係なく悩まされ、
解決したときにはそのネタはもう過去のものになっていました。
それがいちばん辛かったです。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。