上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死神の精度

伊坂幸太郎・著/文藝春秋

読了…。

6編の短編からなる物語で主人公は共通して死神。

以下、感想文。目標は物語の感想になるように。


どんな話なのかなと身構えて読み出す(系統が分からず)。
一人称で語られる物語で、とうぜんのことながら死神の対象者は
毎回異なります。

気になったのは、この物語が『日本推理作家協会賞短編部門受賞』というところ。
現代日本を舞台にしたファンタジーをイメージしていたのに、
この上推理までしたのか!?
というのは、途中でなんとなく分かりました。

物語にもどり、字面どおりに相手の言うことを判断する死神が面白いですねえ。
そしてそれに関わる人々。
特に好きなのは「死神と藤田」と「旅路を死神」の2編。
前者はラストでああとなり後者はとりあえず対象者のしでかしたことは無視して、
旅の過程が面白いです。

各お話ごとに死神・千葉が問う「死」についての各人の考え方。
いろいろあるけれど、いちばん印象的なのは千葉の「死なない人間はいない」。

ということで、映画の感想はあとで。
スポンサーサイト
テーマ:読了本
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。