上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪急電車

有川浩/幻冬舎

2冊目にして初めて読んだ有川作品。
一冊目は分厚さでちょっと逃げています。

【物語】
阪急電車の中で繰り広げられる人間模様。

お風呂場で読んでも読みやすい。

以下、感想文


ほのぼの~(一部にサツバツ有)。

長い箱の中で偶然が重なって、一駅毎に物語が続いていくのが
なんか素敵。
その電車に乗る素善まで赤の他人だったのに、
ふとしたきっかけで言葉を交わすと言うシチュエーションは、
乾いた世界にはたまりません。

とかいいながら、電車のマナーについてはこれはやっぱりどむかつく!
という場面もあって、お行儀が悪い子どもを叱るおじいさん、
私が利用している路線にもいてほしいとつくづく思ったり。

物語は終わったけど、他の車両でも別の物語があったんじゃないかなぁ、
なんて思ったりして。

しかし阪急か…。
阪急電車と阪神電車の違いがいまいち分かりません。
利用するのはもっぱらJR。
スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。