上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクロイド殺害事件 (創元推理文庫)

アガサ・クリスティ(Agatha Christie)/著
大久保 康雄/訳

読了~
あまりにも登場人物がわけわからず、
おまけになんじゃこの噂好きのおばさんはということに
閉口しながら読んでいたら、ポアロさんがすっきり解決。

以下、感想文

びっくりびっくりの推理小説(意訳)という噂を聞いて読み出す。
自分なりに犯人を予想して読もうと思ったのだけれど、
いらいらするくらいにおしゃべりなおばさんにげんなりしたり、
この事件の何が問題なのかとか、
そもそも解決に向かっているのかとか、
色々考えて、もうトリックすらも分かりませんでした。
いまでも分かりません。

でも、面白かった。

くどいようですが、いまだにトリックも、
そもそもの問題点も分かっていません。

最後まで読んで分かったのは犯人だけ。

読み方は人それぞれだけど、
わたしは犯人が分かった瞬間の「えぇーっ」という強い驚きが
欲しいから、推理小説を読んでいると思います。

今までのおさらいをしていく中で(解決編ともいう)、
事前に出ていた伏線を見つけられずに起こるイライラも
もれなくついてくるけど。

スポンサーサイト
テーマ:推理小説・ミステリー
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。