上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さいきんのはまりもんはこれ

C.M.B.森羅博物館の事件目録6 (6) (月刊マガジンコミックス)C.M.B.森羅博物館の事件目録 6 (6)
(月刊マガジンコミックス)

(2007/09/14)
加藤 元浩

商品詳細を見る


Q.E.D.-証明終了- 28 (28) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.-証明終了- 28 (28)
(月刊マガジンコミックス)

(2007/09/14)
加藤 元浩

商品詳細を見る

加藤元浩の「C.M.B.森羅博物館の事件目録」。
「Q.E.D.-証明終了」からはじまったのだけど、こっちは20巻以上進んでいるので
集める気力がナイ。というか、こっちは友人にまとめ借りしたので。

が、6巻がQ.E.Dとリンクしているので、おもわず28巻を買ってしまう。
間で数巻抜けているけど、気にならないのがこのシリーズの良いところです。
ついでに、むっつかしいことを言っているのに、
分かったような気にさせるのが凄いと思います。



一緒に買ったのは、藤田和日郎の黒博物館スプリンガルド (モーニングKC)
これがまたモーニング連載時から読んでいるのですが、
面白い。
藤田和日郎氏の話はうしおととらと短編しか読んでいませんが、
読後感が良いので好きです。
というより、不思議なくらいにまっすぐな性格の人物が
登場するのが良いなと思います。

うしおととらの鎌鼬の話とラスト近くの金偏に票さんの物語は号泣必死。
まあ、どうでもいいことですが。

それで、買った黒博物館スプリンガルド1巻。
これまたお金持ちの放蕩息子(爵位持ち)がいけすかないのですが、
実はメイドの娘さんには弱いという設定がお約束のようなのにそれがまたよいのです。
それは読んでのお楽しみ。

早く続きが読みたい。

もう一冊実は買っていまして、エマ 9巻 (BEAM COMIX)
メルダース夫妻の話がとても好きで、
だんな様の髭無しヴァージョンはとてつもなく素敵です。
でも、ジョーンズ・パパもやっぱり素敵です。
あと1冊で終わりのようです。
森薫さんにはまた新しいヴィクトリアンなメイドの話を書いて欲しいです。

いい加減漫画から卒業しなきゃなのですが、
面白いんだから仕方ない。

そうそう、もうじきよしながふみの「きのう何食べた?」の単行本がでるようです。
これがまた楽しみで…orz
スポンサーサイト
テーマ:▼どうでもいい話
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。