上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

原作・脚本/庵野秀明
監督/摩砂雪、鶴巻和哉
出演/緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子、立木文彦、清川元夢、優希比呂、
     長沢美樹、子安武人、麦人、関智一、岩永哲哉、岩男潤 、石田彰、他

行くつもりは無かったんだけどな…
行ってしまいました。

ちなみに、TVシリーズは途中から数話だけ鑑賞(何話かも知らない)、
でも劇場版2本は観に行って、さっぱり分からなかったです。
だいたい、「シト」を「使途」と脳内変換していたせいで
なんじゃそりゃの状態だったし。


【物語】
…お父さんに呼ばれたシンジ君がいきなりエヴァに乗れと言われて困る。

ペンペンが可愛いwww

以下、感想文のようで感想文になっていな感想文



キャラクタは予め分かっていたのですが、加持さんが登場しなくて残念。

ところで、テレビシリーズの加持さんは誰に殺されたのでしょうか。
加持さんが出た回を視聴し、数話飛ばして次を観た時は故人になっていたので
さっぱりなのでした。
(当時、周囲に誰に殺されたの?と聞くと、
ミサトだリツコだと言われていました。でも動機が分からないし)

それはおいておいて、なんか場面転換が早くてどこまでいくんだろうとか、
レイちゃんはあいかわらず無表情でオヤジ好きなんだなとか、
ユイさんが碇姓で、パパが六分儀姓だったのに、
綾波はどこからでてきたんだとか……
え、全部観たら分かるかしら。そもそも、観れるか。
ハリー・ポッター今の所全部観ているから大丈夫かと変な自信を持ったり。

シンジくんが使徒を倒した後、ビル群がタケノコのように突き出してくるシーンですが。
あの建物の中には人はいないのかなとか、
収容するときにも建物内に人が完全に居なくなるのを待っていたらけっこう時間がかかってくるなとか、
そもそもあんな高い建物を地中に入れるって、どれだけ掘っているんだとか。

いちばん気になったのは、シンジ君が街中を彷徨い、ダンボール布団で寝そべるシーン。
ちかくにある雑誌「JIDAI」って読めてしまったのですが。

これって、やっぱり松方弘子が在籍しているところの「JIDAI」ですか!?

細かく楽しいなぁ。

ということで、次回はどうしよう…。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
テレビシリーズで加持さんは、銃で殺害されるシーンはあるのですが、劇中では誰が殺したかはわかりません…。

過去に様々な論議がありましたが、今ではゼーレの諜報部員が殺したという人が多いですね。

エヴァのゲームではネルフの諜報部員であり加持さんの大学の同級生である、剣崎キョウヤが加持さんを殺害するシーンがありますが…。

見る人の想像力にゆだねるのがエヴァの本来の姿ですから、これといった正解はないのかもしれないです。
2007/10/22(Mon) 02:03 | URL | M06008 | 【編集
>M06008さんへ

こんにちは。コメントを頂きありがとうございます。
返信が遅くなって申し訳ございません。

なんか確実な答えが出ない部分が多い物語だなとは
思います。
そもそも、加持さんの正体すらよく分かっていないので。

今回も新しい物語でもまた????な部分が多いんでしょうね。
2007/11/25(Sun) 11:50 | URL | きな | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/01(Tue) 23:20 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。