上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選挙

監督・撮影・編集/想田和弘

登場人物/山内和彦、山内さゆり、他いろいろな人

参院選前に観に行ったはずの映画。

なんかよくわからず観にいきました。
基本的に小泉純一郎前首相しか分からなかったのですが、
上映中親切なおじさんが奥様に説明をしていたお陰で
劇中で名前が出る前に橋本聖子だけは分かりました(怒髪天)。

川崎市の補欠選挙に立候補した大学時代のクラスメイトを監督が追いかけたドキュメンタリ。
ネタバレもなにも、現在(平成19年7月某日)市議をされているのだから、
当選はされているのです。

以下、感想文

いつ、候補者を「やまうち・かずとよ」と
言い間違えるんだろうかと期待していましたが、
なかったです。残念。
でも終盤、選挙事務所のおじさんが「やまのうちかずとよ」と言っていたので、
あ、やっぱり思う人は思うんだと妙に安心しました。

舞台裏では、立候補者が応援のおじさんたちに怒られていて
なんだかかわいそう。
当選したら、「先生」と呼ばれるはずなのに、
なんか…政治家を選んでいるのか、本当にと思ってしまう。

それよりも、他のG民党の他の議員先生のところから応援にやってきた
おばちゃんたちがすげえ。
あの無駄な情報網って、どうやって広がっていくんだろう。

当選を目指して奮闘する姿は本当にほほえましいのに、
どうして当選したらほほえましくなくなるんだろう。

お金ですか、お金!!

そういえば、私が住んでいる選挙区も
えらいことになったようで…いいんだか、悪いんだか。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。