上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリーポッターと不死鳥の騎士団

原作/J・K・ローリング
監督/デヴィッド・イェーツ
出演/ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、
     ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ……中略…ゲイリー・オールドマン、他

ハリー・ポッター、原作読まずに5作目。
周囲の原作読みから、本を読まなくて分かるの?と聞かれて
どう答えれば良いのか分からずにいます。

ということで、今回このシリーズを観ていた7割くらいの理由が失われました。
とても哀しいことです。
回想だけでもいいからカムバック。

国会議事堂横のテムズ川を飛ぶシーンが好き。

以下、感想文。

ハリー・ポッター、ハーマイオニー、ロン。
これが基本の登場人物で、この子たちさえ押さえていればよかったはずなのに、
なぜか人が増えていて大いに焦る。
しかし、うち一人はロンの妹ということが判明。
きれいになって、と近所のおばちゃんのような気持ちで観る。

マルフォイくんの将来(の頭髪、特に前髪)を心配したり、
ハリー、お前は本当にチョウのことが好きなのかとか、
そもそも未成年の子供に対して大のおとなが複数でつるし上げているのかとか、
なんでピンクのスーツを着たおばさんがやってきて風紀を取り締まっているんだとか、

なんか、いろいろ分からないのですが、原作を読んでいたら解決していたのかな。
いや、読んでいたら読んでいたらで「端折りすぎ!」と思っていたのかもしれない。

そんなことは、どうでもよろしい。
大事なのはただ一点に絞られます。
それは、ヘレナ・ボトム・カーターが美人…ではなくて、
ゴッドファーザー=シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)。

もおもおもお、ひさびさすぎて泣けてきます。
不死鳥の騎士団の予告編を観た時からこの時を待っていました。

ハリー・ポッターになりたいと思うのは、
魔法が使いたいからではなく、シリウス・ブラックにハグしてもらえるから。
かっこいーよー。
黒犬にならなくていいっていうか、
素肌に毛皮の上着というのが変な人っぽくっていやです。
一回だけかと思ったら何回もぎゅっとしてもらっていて、
うらやましいぞ、ダニエル・ラドクリフと思わず役者の名前で呼んでしまったり。

魔法で戦うシーンが…名付け子を庇うシーンで、
眠気が覚めました。
魔法を使うんだ、シリウスも。

と思っていたら、なんか分からないけど、門へ引きずられて
煙のように体が消えてしまいました。
どこへ行った、シリウス!

ハリーが怒っているし、もしかしてこれが、例のシリウスの最期!?

謎のまま校長先生と一緒にヴォルデモードと戦うハリー…なんだけど、
校長先生がヴォルデモードを「トム」と呼んだ瞬間に目がクエスチョン。
トム・ヴォルデモード卿って、英語の教科書に出てくる名前と
ファンタジーを融合させたような名前だね。なんか違う。

全体的に、むりくそ詰め込んだというイメージでした。
ハリーたちが魔法をひそかに練習していたのは、
やってきたピンク色の服を着た審査官の横暴に逆らうためじゃなかったのか
と思っていたのですが、外れたし。

そうそう、忘れてはいけないのは、にゃんこ。
規則を壁に張るひそかなるレギュラーといっしょにいる猫がめっさ可愛い。
そして、私は魔女の先生が好きなのでした。マク…なんとか先生。
一作目からのはずなのに、未だに名前を覚えられていない。
あの、三角形の黒い帽子のお人です。

それよりも大事なことは、チョウの密告でハリーたちが魔法省(た多分)の人に捕まった時。
画面左に建つ茶色い(多分)トレンチコートの人がありえないくらいに素敵だった。
そのシーンは、校長先生よりもそっちに大注目。
魔法使いの関係者っていうより、ロンドン警視庁でお勤めをされている方っていう
雰囲気がびしばし出ていて息苦しくなりました。
そのお姿は、魔法映画ではなくて、ちょっとシニカルなハードボイルド映画で拝したかった。
どんな映画だ。

ところで、失われたシリウス・ブラックは……
もうハリーのご両親と同様に動く写真でしか登場しないのかな…。
若かりし頃のはずなのに、髭の量が違うと言うくらいでさ。

チョウの誤解はちゃんと解いてやったのかとか
(強迫からみで言わされたようなことは誰かが言ってたけど)
花火を打ち上げた双子の兄弟がいちばん退学ものだろうとか、
いろいろと疑問を残したまま、6作目へ続く。
でも、疑問はきれいに忘れてしまうんだなー、これが。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。