上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬神家の一族(2006)

原作/横溝正史
監督/市川崑

出演/石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助(5代目)、富司純子、松坂慶子、萬田久子、他豪華


ということで、試写会で見た映画の感想文。

個人的には、他豪華な脇がツボでした。
林家木久蔵とか、中村玉緒とか、三谷幸喜とか大滝秀治さんとか、仲代達矢とか、
岸部一徳さんとか…。

【物語】
大富豪・犬神佐兵衛の死後、公開された巨額の遺産をめぐる犬神家の凄惨な殺人事件

金田一耕介

以下、ネタバレネタバレ感想文

30年前のキャスティングを調べてみたら、金田一さん以外にも同じ役をしている役者さんがいたのですね。
劇場を出た後、前を歩く親子の会話から仕入れた知識では、金田一さんと署長さんだけでした。

今回の不思議。
なんで珠世が二番目なんでしょう。
珠世ちゃんのイメージは若くて儚げな娘さんだったのに、
見事に打ち砕かれました。
「帰ってこない男なんて待ってたまるか」
と言ってそうな珠世ちゃんはいやです。
そして、富司純子と尾上菊之助(5代目)は実生活でも親子とのこと。知らなかった…。

遺言が公開される場面で三姉妹と弁護士の同時喋りにびっくり。
どっちも飲み込まれないようにカツゼツ良く喋っていらっしゃって、
脳トレ2の「聖徳太子」気分を味わえます。

「きく」になぞらえた殺人がえぐかったです。見事な作りモノなのに、
やっぱりみていて気持ちいいモノではない。

スケキヨの素顔がまだみられた。

佐清といったら、やっぱりあの湖のシーンだけれど、
映像で見る限りふつう。
あっれー、もっと衝(或いは“笑”)撃的なシーンかと思っていたのに。
それよりも、なに死体が見つかる前に白状しているんだ、佐清!!

気になったのは、犯行現場に落ちていたブローチを金田一さんが素手で持つどころか、
刑事さんも素手で一瞬触っていたように見えた事。
(記憶違いだったらすんません)
おおらか過ぎるぞ、当時の桜田門!

殺人事件の流れよりは、時折登場する脇役陣に驚かされました。
映画の冒頭に出演者の名前が出るので、
そこからどこで登場するんだろうというお楽しみをもって観られる映画。
というより、そこが私的見所。

まとめると…ふつう。
スポンサーサイト
テーマ:犬神家の一族
ジャンル:映画
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/07(Sun) 13:44 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。