上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書について 他二編

ショウペンハウエル(Arthur Schopenhauer)
斎藤 忍随・訳/岩波文庫

半寝半起で読了。

ショーペンハウエルとショウペンハウエルとショーペンハウワーと
どれが正しいかと言うより、同一人物なのかと未だに自信がありません。

表紙の、
「読書とは他人にものを考えて貰って自分じゃなんも考えないことじゃよ」
という一文(激しく原文とは違います)に惹かれ、
じゃあこの本を読む事もショウペンハウエル先生が考えた事を読むわけだから
駄目じゃん、とか思いながらも、
いまさら読んだ本が一冊増えたからといって
はなから思索とは縁遠い場所にいるのだから大丈夫でしょ、
と思って手にしました。

著者名を知っているだけで、内容は
“大学の偉い先生が読めない漢字と難しい日本語をいっぱい使って書いてあるんだ”
という偏見をもっていたわけですが(今でも変わりませぬ)、
意外と読みやすいのであります。
内容を理解しているかどうかなど聞くのは愚の骨頂。
できているわけがない。

以下、感想文。
表題含む3篇の主張本。

ショウペンハウエル先生はどんな人なのかちょっと調べてみたら、
サリーちゃんのパパ君がすこしお歳を召されたような絵を見つけました。
頑固そうなおっさんです。

『思索』についてはへぇー、とか言っていればいいのだけど、
次の『著作と文体』については、
国語(ドイツ語)の乱れを嘆きまくっているのが楽しいです。
かなりアツく語るお先生に、古きよき頑固親父の姿が浮かび上がります。
そして、田中正造を思い出してしまいました。何故?

ただ、ショウペンハウエル先生がドイツ語の乱れについて語られても、
こちとらドイツ語なんて「eins、zwei、drei」までしか知らないから、
例文を原文のまま載せているのはいいとして、訳ぐらいのっけてくれないと
お先生の主張がさらに分からなくなるのでした。
独話辞書を引いて調べようと思う気はさらさらないらしい。

また、読者に記憶力を求めるやつはダメじゃ!
とおっしゃっています。
が、少しくらい覚えておかないと、
殺人事件でアリバイが崩れるときに
伏線を探して本を読み返さないといけなくなるから、
ある程度記憶力はいると思います。

最後にちゃっかり自著の第二巻第十二章を参照しなさいって、
自分の本の宣伝するのはよいのだけれど、タイトルを教えてくださーい。

そして最後に『読書について』。

―――読書は、他人にものを考えてもらうことである

簡潔な文章で素敵。

良い本を読んで、悪い本は読んではいけませんと
書かれているのですが(そう判断。違ってたらどうしよう…)、
良い本を読むための条件が、悪い本を読まない事というのは
どうかと思います。
そんなん、凡人には読まなければ分かりません!!
そして読んでも(多分)分かりません。

そして、反復読書を薦めておられました。
そっかー、結末を知っているから
殺人事件の伏線だけ拾い読みすればいいんだよね(違うと思います)。
だからこの本ももう一回読んだほうが良いのかなぁとなるわけですが、
次は別の本です。

煽り文句に左右されず、
読む本を捜して見ようと思いつつ、
やっぱり帯やPOPを参考にしている者の感想文でした。
スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。