上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトル・ランナー

監督/マイケル・マッゴーワン
出演/アダム・ブッチャー、キャンベル・スコット、ゴードン・ピンセント、他

病に倒れた母親を目覚めさせるため、
奇跡(ボストン・マラソンで優勝)を起こそうとする少年の物語。

子どもが母親のために健気にがんばる。

この予告で観に行く決心をする。

コーチ役になってくれた学校の神父様(キャンベル・スコット)が
べらぼうに格好良いです。はい。

以下感想文

予告における主人公ラルフのイメージは
母親のために一途に頑張る少年…のイメージだったのですが、
実際はとんでもなくませたお子様だったのにびっくり。
それはそれでとても面白かったです。

彼が奇跡を起こせるかどうか。

それは最大のネタバレになりますが、
一途に走る彼の姿を見ていると、
映画という事も忘れて祈るような気持ちで観てしまいました。

それは街の人と同じ気持ちだと思います。

ハンカチ必須。できるならタオルハンカチがおすすめ。
スポンサーサイト
テーマ:ミニシアター系
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。