上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・ヴィンチ・コード
ダン・ブラウン(著) 越前敏弥(訳)/角川文庫

読了。

ハードカバー上下で痛そうな太さだったので、
公開までに読めるかなぁと思っていたら、
字も大きく、文章も読みやすく、なにより次々出てくる謎解きに
引き込まれていきました。

面白かったです。
パズルを解きながら、ミステリも味わえる。
あとは、局地的に旅行気分も味わえます。
(ルーブル美術館とロンドン)

次から次へと出てくるリンクに、
トリビアのごとく「へぇ~」を連発。
謎は、存在を知られていても「秘密結社」と言い通すこと。
どこまで謎めいていたら、秘密結社なのでしょうか…。

【映画に関してのお楽しみ】
シラス役がポール・ペタニー
ファイヤー・ウォールで知ったばかりの名前なので、嬉しい。
あぁ、似合いそう。
スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。