上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家の品格
藤原正彦・著/新潮新書

読了。薄いし、文字が大きいのでさくさく読めました。

前々から気になっていたタイトル(どの本屋さんでもだいたい扱いがいいし)。
100万部突破したという話を聞いて、思わず購入。

思わず背筋を伸ばしたくなるようなタイトルです。

昔の人は立派だったのです、といった事を書かれています。
(かなり意訳)

若いうちに日本の名作を読みなさいという下りがありましたが、
えぇ全くその通りだと思います。
手遅れな私は、本能の赴くまま興味のある本を読んでいきます。

最後に。

著者が奥さんを引き合いに出すのと、
土屋賢二が本で同様の事を書くのが似ていると思いました。
スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。