上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オリエント急行の殺人』  アガサ・クリスティー 著  中村能三 訳
(クリスティー文庫 早川書房)

本日読了。クリスティーの既読本は「そして誰もいなくなった」のみ。
ポアロが出てくるものと思っていたら、
出てこなくて残念がった記憶があります。

が、今回のタイトルにはポアロさん登場。わーい。

物語…オリエント急行で殺人が発生。
推理小説の感想文を書くのって難しい。

以下、ネタバレはない…筈。







目次がたくさんあって助かります。

犯人が分かるどころか、伏線探しにやっきになって
ポアロが何か言う度、何度ページをめくり直し、
登場人物一覧(カバーの折り返し)を見た事か。

―――結果

気がついたら、有栖川有栖の解説に突入。
色々な謎が、私の中では崩れぬままです。

ある意味完全犯罪を描いています(私にだけ)。

もう一度読むと、新しい発見があるかもしれません。

おまけ
スポンサーサイト
テーマ:推理小説・ミステリー
ジャンル:本・雑誌
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。