上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステルス<公式サイト>

監督/ロブ・コーエン
出演/ジョシュ・ルーカス、ジェシカ・ビール(誕生日は雛祭り)、ジェイミー・フォックス

久々にアメリカの勧善懲悪映画(一方的)を観てきました。
第一の感想「税金無駄にしすぎ」
戦闘機って高いですよね。消耗品のミサイルも。相場を存じ上げませんが。

【物語】
ステルス戦闘機に乗る3人のエースパイロット。
彼らの元に、4番目のパイロットが合流する。
パイロットの名前は“エディ”。人工知能を持った戦闘機だった。
しかし、人工知能は自身で「考える」事を覚え、暴走する。

人間v.s.人工知能という構図を期待して行ってきました。
物語も、全部自国で色々やらかして、
最後に大統領が出てきて、パイロット達を表彰するものだと
思ってました(夢見すぎ)。

以下内容喋りまくりの感想文。
いつになく内容を書きまくり。


戦闘機が飛ぶシーンは、スピード感と迫力がありました。
映像自体に文句は無いです。
タイでの休暇も、綺麗でしたし。水上市場に行ってみたい。
そして女の人がさしていた傘が可愛かったです。

物語に関しては…
例えるなら、他人の家で爆竹鳴らした挙句、抗議の住人に喧嘩売ったような感じの映画。

ツッコミどころは数あれど、しょっぱなから、
核兵器を牛で運ぶのはどうよと思いました。
牧歌的な雰囲気で物騒な事を企んでいる所に、最新鋭の兵器で攻撃しかけてます。
もう少し若かったら、普通にやり過ごしていたけど、
あれは大量殺戮ではないでしょうか。これは言いすぎ?

あとさぁ、9.11で酷いことされたくせに、他の国で似たような事をするのかなぁ。

物語は、極秘に開発されたステルス(公式参照)を使って、
仮想敵国(欺瞞に満ち溢れている気がする)に喧嘩を売りつけます。
人間の乗組員は民間人に被害を与える事を憂慮して攻撃を躊躇います。
が、ロジカルな思考回路のエディだけは、アッサリと攻撃しくさります。

暴走を始めたエディを止めるべく、3人は立ち向かいます。
人の頭脳と、人工的に作られた頭脳、どちらが勝利するのか―――!?

予告で流れていた、丸い煙の正体がつかめました。もったいない!!

ここで終わるものかと思ってたら、終わらなかった。以下ちょっと反転。

最初の飛行時、雷に撃たれてちょっとおかしくなっていた人工知能は、
どこかの資料にアクセスして新しい敵を発見。
“キャビア・なんたら”という、チョウザメを一掃するような作戦に勝手に出ます。
それは違うんだってばという人間の言葉を無視して、領空侵犯。ついでに人間も領空侵犯。
挙句、スクランブル出動(多分)してきたロシア軍にミサイル撃ちまくり。

その時には、3人のパイロットの内、一人死亡。
一人北の某国に不時着、犬に追いかけられています。


余所様に多大な迷惑をかけてエディの説得に成功、その後アラスカの空港に着陸。
保身を図る上官の陰謀に巻き込まれ……。

あとは北の国に残された同僚を救うために、和解したエディと飛び立ちます。ハイ…。
もういいや。ラストは以下超ネタバレ反転→バギーちゃん@海底鬼岩城(良く言い過ぎかも)

時代は近未来かどうか知らないけど、戦闘機って普段着でも操縦できるんですね。
呼吸器みたいなやつをつけないと、大変な事になるのではないかと素人ながら思ってしまいました。

会話ができる時点で、人工頭脳のステルス機に怖さを感じませんでした。
怖いのはやっぱり人間です。

上記の通り、ある意味楽しんで鑑賞していました。
音楽が格好よかった。サントラが気になります。曲が収録されていればの話ですが。

最後にやったあれは、続編作る気なのでしょうか。
エディが記憶喪失となって敵として現れる…!! またもや夢見すぎ。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
満場一致なストーリー展開
こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ストーリーはもう色々な所でバッシング受けてるので、多くは語らずとも皆さんほぼ同じ意見ですからね~・・(汗
スピード感は凄い迫力はあったんですけどね・・

それと、良い例えですね↓(笑

>他人の家で爆竹鳴らした挙句、抗議の住人に喧嘩売ったような感じ
2005/10/30(Sun) 23:59 | URL | メビウス | 【編集
>メビウスさん

こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。
色々なご意見があって面白いです、この映画。
例えに関しては、そうおっしゃって頂けて助かります。
2005/10/31(Mon) 23:58 | URL | きな | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(63) ステルス先行上映でステルスを観た。なんだ、現代版、ファイヤー・フォックスか。1982年に、ファイヤー・フォックスという映画が公開された。クリント・イーストウッド...
2005/10/30(Sun) 09:12:59 |  ヒューマン=ブラック・ボックス
【監督】ロブ・コーエン【出演】ジョシュ・ルーカス/ジェシカ・ビール/ジェイミー・フォックス/サム・シェパード/ジョー・モートン/リチャード・ロク
2005/10/30(Sun) 23:53:31 |  シネマをぶった斬りっ!!
 近未来。アメリカが世界を征服します。(この記事は読まないほうがいいです) アメリカの敵国がいっぱいありすぎるからさ、ミャンマー、タイ、タジキスタン、ロシア、北朝鮮、全て破壊しまくれ!テロリストが死ぬのなら、民間人が数千人ほど死んだってかまわないさ。こち
2005/10/31(Mon) 00:24:13 |  ネタバレ映画館
大変スピード感があり 動体視力の衰えた(爆)ワタクシには目が回りそうであった。テロ対策プロジェクトに選ばれた優秀な3人が居って新しい仲間が入るで~ってなってんけど その新しい仲間ってのが人工知能を持った無人ステルス。(エディ)エディが落雷を受けてから感..
2005/10/31(Mon) 03:06:01 |  HAPPYMANIA
確かにスピード感は凄い!っていうか、早すぎ!戦闘機モノのエンターテイメントとしては、観てて楽しめましたが。。。やっぱり、チョットアメリカ万歳映画でしたネェ。。。テロを阻止するためなら、なんだってしちゃうぞ~!って勢いで民間人だって巻き添え関係なし!っ...
2005/11/01(Tue) 22:56:03 |  ☆ 163の映画の感想 ☆
ハリウッドB級映画を贔屓してる(つもり)の私ですが、それでも、これは酷い出来だった・・・と思わざるを得ない。・「戦争はゲームじゃない」 ジョシュ・ルーカスの台詞。無人ステルスの導入を説く司令官への反論。 序盤で語られるこの台詞と正反対の意味が、この映画の基
2005/11/03(Thu) 01:18:21 |  自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
アメリカ海軍のエリートパイロット、ベン(ジョシュ・ルーカス)、カーラ(ジェシカ・ビール)、ヘンリー(ジェイミー・フォックス)。彼ら3人はステルス戦闘機を操縦し、新戦略プログラムに取り組んでいた。いよいよ空母に乗艦することになった彼らのチームに、....
2006/01/25(Wed) 21:52:21 |  映画とはずがたり
監督 ロブ・コーエン 主演 ジョシュ・ルーカス 2005年 アメリカ映画 120分 アクション 採点★★ 高度な人工知能を搭載した最新鋭無人戦闘機が暴走し人類を標的に。それを阻止せんとする選ばれたパイロット達の壮絶な戦いを描くアクション大作…と思ったら、ちょっと違った
2006/01/28(Sat) 12:41:34 |  Subterranean サブタレイニアン
DVDで観ました。無人ステルス機と3人の激しいバトルを想像していましたが、全く違った内容でした。前半は面白く観れたのですが、後半からの展開はイマイチでした。悪いステルスのエディだと思っていたら、めっちゃいいステルスで終わりました。ステルスの飛行シーンは見応え
2006/01/31(Tue) 01:03:18 |  しょうちゃんの映画観賞日記
ステルスなんで?なんで? これ、おもしろいじゃん!え~??こんな形のステルス機って、もう実用化されているの??でも、エディーは、まだ無いんでしょ?それに、ロシア上空の無人給油ステーション。なんか、リアルなお話しなのか、SFなのか、、、そのあたりも良か....
2006/02/02(Thu) 19:23:44 |  猫姫じゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。