上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 機動戦士ガンダム00
-A wakening of the Trailblazer-

■原作
矢立肇、富野由悠季

■監督
水島精二

■出演(声)
宮野真守、三木眞一郎、吉野裕行、神谷浩史、
古谷徹、高山みなみ、藤田淑子、勝地涼、他


二行目の方々の声はばっちりばっちり。
一徹の息子、コナン君、一休さん、小鳩ちゃん


ガンダムがロボットではなくて、モビルスーツだってのは知っています。


初ガンダム。
シャアとかシャア専用とかアムロとかザクとか坊やだからさとか、
単語は知っているくせに観たことはないガンダム。
当然00のテレビシリーズも未視聴。
(ネットで無料キャンペーンのときの1話は観た)



理由は推して知るべし。

そんな感想文。


■物語
ガンダムが登場して、みんなで一致団結して頑張る(`・д・´)ゞ



■感想
冒頭で、当て馬的な人物がソレ(略)ビーイングかなにかについて解説するのですがめっちゃ早口で、いやあんたそんな台詞言っている場合じゃないよねと思った。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
3日目、最終日の目的地は八甲田。

2泊3日の青森で、ほんとは最初に八甲田に行く予定で、あとで気力があれば恐山、と脳内で予定を立てていたのですが、八甲田のほうが青森市内から近くて、帰りの特急に間に合いやすいことが地図と聞き取り調査で判明したため、最終日にいたしました。
一日レンタルだった前日のレンタカー返却時に二日目の予約を入れてGO!

以下、「八甲田は紅葉が見ごろですよ~」と風情あふれる情報を頂きながら、私が行きたかったコースは実はその紅葉コースじゃなくて、後藤伍長のげほげほなんです、という八甲田ドライブ。

*前提*
八甲田山雪中行軍についての前知識
「雪山で遭難、沢山亡くなる、仮死状態で発見、トウガラシ」
要するに映画も観ちゃいねぇ。
本も持っているけど以下略。(八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)
テーマ:国内旅行記
ジャンル:旅行
去年は沖縄に2回行った反動か、青森二度目の旅。
北海道まで行かないのがマイクオリティ。

いえ、ずっと以前、それこそ 十 代 の頃から興味があった恐山。
GWはひたすら大間崎を目指し、断腸の思いでスルーした恐山。

行ってきました。
今回は飛行機ではなくて東北新幹線を利用。
まだ新青森が開業していなかったので八戸でえっちらおっちらと乗り継ぎ~。

RIMG1113_convert_20101019155128.jpg RIMG1114_convert_20101019155236.jpg 

旅の雰囲気を出すために、駅弁を食べました
(いつもはグランスタで駅弁ぽくないお弁当)

美味しかったです。

---------------------

【恐山の旅(実は二日目)】

早朝、青森駅でレンタカーを借りる。
前回の失敗から教訓を得て、今回は普通車のいちばん安いランク。
ヴィッツでした。
しかも予約するときに「ipod聞けるヤツで!!」とリクエストをして。
だって、眠くなったらいやですから、車中で一人リサイタル(サビのみ)なんて全力で切ないですから!!

青森駅→恐山までは約3時間30分。
途中、オービスの恐怖と戦いながら、普通車はちょっとアクセル踏んだだけでが静かに加速するから(平均速度が油断するとえらい数字になる)、ネズミ捕りを見つけて本気でびびりながら、辿り着いた恐山。

当日の天気は最初晴れてて段々雲ゆきがあやしくなって、霊場を散策している間、回りの山々には暗雲が立ちこめていました。


      霊場・恐山



なんか、強そうな匂いがプンプンしていますよ。
匂いがするのは比喩ではなくて本当。
玉子の腐ったような匂い、と申しましょうか、阿蘇山でその昔嗅いだようなかほりが全面に押し出されていました。

「順路」という名の表札が立っていてそ素直に従っていたらソッコー終わりそうだったのですが、画像でしか見たことがなかったの石の山とかカラカラと音を立てて回るかざぐるまにテンションがアップアップして、場所柄も考えてしずかに、でも内心はウキウキしながら巡りました。
そして、カラスがたくさんいて、鳴き声と羽音がさらになんか雰囲気を出してくれていました。


【恐山とその真横にある採掘場】岩山の上で振り返りパチリした図

RIMG1135_convert_20101019155708.jpg
圏外(my携帯)なだけあってしずかです。


晴れの日だときれいな湖だそうですが、これはこれで好きな景色

---------

一巡してそろそろ帰ろうかなーという段階で雨が降り出し、実は行きがけに車で華麗にスルーした三途の川をかえりがけ立ち寄りました。
半円のような橋は、見る分には かわいいv ですが、実際渡るとこええええよ!!というのは、申し訳程度に足を引っ掻けるところがあるだけだから。
ツッコミ手もいないのにあそこでスッ転ぶのは切な過ぎます!

RIMG1238_convert_20101019160116.jpg

そんな風にお腹を空かしながら彷徨い、友からのメールでイタコの存在を思い出したのは恐山を去った後でした。
この旅一番の不覚......orz

恐山の後は一路青森市内を目指したわけですが、途中のコンビニでおにぎりを買っておそめのランチ in 駐車場(これも切ない)。
そして多少時間があったので、明日の予定を前倒しでひとつだけクリアしておきました。




以下は前日のお話(弘前)
テーマ:国内旅行
ジャンル:旅行
BOX 袴田事件 命とは (公式HP

◆監督
高橋伴明

◆出演
萩原聖人、新井浩文、葉月里緒奈、村野武範、保阪尚希、
ダンカン、須賀貴匡、中村優子、雛形あきこ、浜田晃、
大杉漣、國村隼、岸部一徳、塩見三省、石橋凌、鈴木史朗(声のみ)



【物語】
袴田事件』について


【感想】
遠慮なくネタバレ

キャスティングだけで私、酸欠。
こゆい、大好き、こんな贅沢な布陣、たまりません。

鑑賞前は萩原君しか出る俳優さんを知らなくて、物語が始まって場面が変わるたびに、え?え?ええええええ!?な状態で、映画のテーマとはかけはなれた所で、もっそい観て良かったと感動してしまいました。
というわけなので、感想は色々と突拍子ないです。
いつものこと。

そういう映画ではないのに、無駄にテンションが上がってしまいます(私だけ)。
だって、あの俳優さんがドッキリのごとく登場するからさぁ、心の準備ってものが必要なのです。

テーマ:邦画
ジャンル:映画
ナイト&デイ(KNIGHT AND DAY)

◆監督
ジェームズ・マンゴールド

◆出演
トム・クルーズ、キャメロン・ディアス、ピーター・サースガード、オリヴィエ・マルティネス、他


久々に ハリウッドの力技 を観た気がしました。
良くも悪くも景気良くいろいろしている映画は楽しいです。

物語の展開にはサッパリついていけなかったですが。

【物語】
空港でボーイ・ミーツ・ガール(な年齢でもない二人)があって、飛行機の中でトム様がはしゃいでいる間に、キャメロンもWCで色々と勝負の暗示をかけたりしているうちに墜落してしまう。

【感想】
以下、ネタバレ
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
悪人

◆監督
李相日

◆出演
妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、塩見三省、池内万作、光石研、余貴美子、松尾スズキ、宮崎美子、樹木希林、柄本明


--------------

なにこの無駄のないメンツは…。


「おくりびと」みたいに日本公開が終わって(あれ途中だったけ、アカデミー賞もらったの)から、深っちゃんに賞を贈ってもよかったんでね?と思ったのはぜったいに モントリオール効果 と思われる地元映画館の観客の数。絶対少ないはずなのに、人が多かった!そして思った通り携帯の電源切らずにバイブ鳴って、それでも電源切らずになんかメールチェックしている人がいたんだもん。めちゃいい場面で。

--------------

すっごい叫びたかったんです。

【物語】
いろいろな「わるい人」が出ている話。


以下、感想
ネタバレしてまっす。

とりあえず、ついったにメモったのが、登場人物に「マスオ」という人物がいてやたらと知人から「マスオ君」と呼ばれていてそのたびに言い知れぬ違和感を覚えた、というのが冒頭の感想。おーい。
え、だって、マスオといったら「マスオさん」。「マスオ君」と呼べるのは波平さんくらいだと思うのです。日曜の夕方的に。でも観たのは日曜のレイト。

と、物語にとても関係のない感想から始まり~

テーマ:邦画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。