上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみはなぜ生きているのか?

中島義道(偕成社)


児童書というふれこみで楽しみにしていたら、主人公が思ったよりも大きな子(15歳・高校生)で驚いた。
小学生くらいにどこまで噛み砕いて語るのだろうと思っていましたので。

【物語】
高校生でひきこもりのクライ君のところに、手紙が届く。

あえて突っ込むところではないと思いますが、無理矢理しなくても「伊倉君」で良かったんでね?と思ったりもした。

スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。