上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きみはなぜ生きているのか?

中島義道(偕成社)


児童書というふれこみで楽しみにしていたら、主人公が思ったよりも大きな子(15歳・高校生)で驚いた。
小学生くらいにどこまで噛み砕いて語るのだろうと思っていましたので。

【物語】
高校生でひきこもりのクライ君のところに、手紙が届く。

あえて突っ込むところではないと思いますが、無理矢理しなくても「伊倉君」で良かったんでね?と思ったりもした。

スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
ザ・ウォーカー
(the book of eli)

監督▽
アレン・ヒューズ 、アルバート・ヒューズ

出演▽
デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、
ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、他

◆物語
戦争で文明社会が滅んだ世界で旅を続ける男、ケンシロウデンゼル・ワシントンの物語。

以下、ネタバレ感想

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ラテに感謝!
―転落エリートの私を救った世界最高の仕事
(How Starbucks Saved My Life)

マイケル・ゲイツ・ギル/著

副題長ッ!!!

新聞の広告欄で興味を持って本屋さんの検索機で「ラテ」で検索。
そんなもんだ。

めずらしく一気読み。ほんとうに珍しい。

◆内容
超エリート人生を歩いていたギル氏が会社をクビになってスタバで働くようになった自叙伝(?)。
帯には【トム・ハンクス映画化】。うん、トム・ハンクスだとぴったりすぎそうな内容。

◆感想
タイトル章のところに、スタバのカップに書かれている文章が書かれていてそんなことを書いてあったんだ~とちょっとスタバに行きたくなりました。そして、人々が注文する言い方で注文したくなるというなんと影響されやすい人間か。でもグランテとかさ、言えない。私は常に「いちばん小さいサイズ」と言っています。

というか、出てくるオーダーがほぼトールとかダブル・トールとか、どんだけ飲むんだ!って感じです。
テーマ:読書感想
ジャンル:本・雑誌
ビルマVJ 消された革命
(BURMA VJ)

〔内容〕
ビルマ(ミャンマー)の話

〔感想〕

◆主題とは関係ない感想
テレビでスーチー女史が登場するたびに美人だと思っています。
けっこうなお年であるにもかかわらず、髪の毛に花を挿してそれがまた似合っているのがすごい。
美人て、いいね。

以下、つづく。

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。