上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心穏やかになりたいときは、
中島せんせいではない人のエッセイを
選ぶようにしています。
いえ、場合によっては心穏やかになれるときも
あるけれど、そんな気分じゃなかったのです。

どーんと急降下する出来事があり、
そういうときに本屋さんに行くと
新しい人ではなく、読んだことがある人の
別本を探してしまいます。

それで、これ↓

貧乏サヴァラン (ちくま文庫)貧乏サヴァラン (ちくま文庫)
(1998/01)
森 茉莉

商品詳細を見る


時々読めない漢字が登場しても、
雰囲気で読み進めていきます、森茉莉。

そのままレジへGO、と料理本のコーナーを横切っていたら、
剣客商売のあのお方の名を冠した本を発見。



池波正太郎の愛した味池波正太郎の愛した味
(2009/12/01)
佐藤 隆介

商品詳細を見る


書いているのは書生をしていた人ですが。
帯がついていて、【お取り寄せガイド】付きとな!?
ということで、お買い上げしたわけですが、
高いよ・・・。

森茉莉も池波正太郎も食べ物の描写がこれでもかというくらいに美味しそうなのでとても困ります。

食パンすらもこの人達の手にかかると
朝食バナナダイエットを放棄したくなります。
ええ本当に。
スポンサーサイト
テーマ:今日のつぶやき
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。