上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひそかに更新を楽しみに…というより、
登場するのを楽しみにしている笠原秀幸氏のブログのリンクから
「おしゃま対談」というのを見つけてクリックした瞬間、
「ちょおまて、なにをしているんですか、小鳩ちゃん!」状態に。

ありがとう、笠原さん。
ブログはブックマーク入れているけど出演作品は…
“『亡国のイージス』宮津隆史・役”?

・・・みやづ?

艦長(映画では副艦長@寺尾聰)の息子かっ!!

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと。
ジャンル:日記
世間ではDVD&ブルーレイ発売なのに、CDを買いました。
DVD欲しかったけど、欲しかったけど、
現時点で持っているDVDの総鑑賞回数を考えるとこれ以上増えてもなぁと。


マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)
(2009/10/28)
マイケル・ジャクソンジャクソンズ

商品詳細を見る


でも買った後で、映像も捨てがたいとやっぱり思っています。
去年観た映画のなかでもかなりの上位だし。
ものすごく素敵な内容だったし、ギターの娘さんとかスタッフの方々も格好よかったし。

悩。

テーマ:マイケル・ジャクソン
ジャンル:音楽
メインディッシュは筑前煮。

これと米と味噌汁があれば事足るのに、
足りない人がいるとたいへん。

なので冷凍カレイを南蛮漬けにしました。
美味しい。ぱりぱり感がたまりません。

春が来る前にもう一度おでんを作りたい…。

テーマ:今日のつぶやき
ジャンル:日記
困った時の常夜鍋。

■材料
水と酒(今日は泡盛)
豚肉(しゃぶしゃぶ用)
ほうれん草(二等分)

■食べ方
鍋で水と酒を沸かして→ほうれん草と豚肉を入れる。
ポン酢をつけて食べる。

さすがにこれ↑と米ではバランス以前の問題なので
筑前煮を作りました。

どうしても材料を一口以下サイズにしてしまう。
そして出来上がったあとに、もう少し歯ごたえが欲しかったと後悔。

筑前煮が好きです。
たくさん作っておきたくなるくらいに。

■今回の筑前煮の具
鶏肉、レンコン、牛蒡、椎茸、人参、コンニャク

・・・・・・里芋忘れた。




テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
久しぶりに行った書店で(他の本屋さんには行っています)、
特集コーナーに見覚えのある御方の名前を見つけてフラフラと。

ユリイカ1月号

特集*白川静

買いました。あほですねえ、ええあほですよ。
西原理恵子の特集の時は買わなかった奴が。

別に彼の人が書かれた文章があるわけでもないのに(ちょっとだけありました)
な に や っ て ん だ 。

今年、生誕100年だそうです。
松本清張や太宰治よりちょっと年下なんだと思うと不思議な感じ。

享年が96歳で、ほとんどの人生を漢字に生きた方(というイメージ)なので
さいきん名前を知った自分が全部読むのは無理があると諦めています。



ついでに次号は、「特集*藤田和日郎」だそうです。
荒川弘との対談有。

ユリイカって、EUREKAって綴るんだね。今ごろ。
エウレカじゃん。見つけた。

テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
おとなになれなかった弟たちに…

米倉斉加年・著/偕成社

年末に観た「坂の上の雲」。
大山巌役の方が誰だろうと
調べたら米倉斉加年さんと知って、
そのあとwikiで来歴見て、本を出版されていることも知って
内容が内容だったので興味を持ってしまってamazonへGO。

そのままほしいものリストに入れて放置だったのですが
以前からロムしていたサイトの方が本を出版されるということで

よっしゃ、予約だ、ついでにこの本もカートへ…。


以上前振り。

以下、本題。

【物語】
左ページが絵、右ページが文章ですぐに読み終わる物語。

【感想】
一人暮らしの人はいいけど、
複数人と同じ屋根の下で暮らしている自分は
一人になれる場所へ行って読みたい本。

おとなになれなかった弟たちに…おとなになれなかった弟たちに…
(1983/10)
米倉 斉加年

商品詳細を見る


テーマ:絵本
ジャンル:本・雑誌
コロッケを作りました。

クックパッドのレシピは材料と流れだけを参考にして
使用野菜の量はフィーリング。

レンコン入りのコロッケにしたのですが
レンコンを切りすぎてしまって

レンコン+玉ねぎ>じゃがいも

という図式が出来上がりかけて
なにが入ってもコロッケはじゃがいも命だと
また新たに湯掻いて追加したら量がとんでもないことに。

さらに、自重してレンコンは切った半分の量だけを入れました。
残ったレンコンをどうしようかと悩みます。

<最終的に使った分量>
 じゃがいも…7個くらい
 玉ねぎ…1個
 レンコン…150gくらい
 合挽き肉…150gくらい

これでコロッケが15個くらい作れました。半分冷凍。

コロッケに限らずレシピみると
「フードプロセッサにかけて~」という下りをよく見つけて
各家庭にフードプロセッサは常識なのか?と不安になります。
うちにはそんな便利なものは存在しません。
ついでにピーラーもありません。
そして「電子レンジを賢く使ってじゃがいもを茹でよう」的なことも
できない私でした。

レンコンを大雑把に切りすぎてものすごく食べ応えがあります。
さくさく感は大事にしたいものです(つよがり)。

テーマ:日記
ジャンル:日記
本棚の並びを変えてみました。

いままでは出版社毎だったのを
まず「未読」と「既読」に分け、
「既読」をさらに出版社ごとに分けると…。

「しばらくお前、本買うな」というのが
一目で分かる形になりました。

あーあ。

あと、一番手にしやすい箇所を
「好き作家の棚」にしました。未読既読関係なく。
これはこれで、時が経つと変えてしまうのかなぁ。

ひとまず、これで心がくさったときに
中島せんせいの本がすぐに取り出せます。

テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
NHK大河ドラマ
龍馬伝 第二話/大器晩成?

二話も再放送で視聴。
サブタイトルの「大器晩成」、龍馬の生没年を思うと切ないです。

今回のハイライト(嘘)↓

「顔を上げてわしをみい(見ろ)」 by 龍馬

無理です、できません。
顔を見てみたいけれど緊張して顔を上げる事ができなくて、立ち去る龍馬の後ろ姿を見るだけで終わってしまい、後年、「あの時、至近距離でナマ顔見られたのに、惜しいことをした」と思うに違いない。
冒頭、おにぎりをめぐるシーンの話です。



広末涼子がどうやっても広末涼子にしかみえない…。
岩崎弥太郎への「縁のない話ですから」的な発言は天然ですか?
ものすごい腹黒天然に見えた。

青空の下での三味線ライブとか、
苦悩する姿とか、
お父様に上京をお願いするシーンとか、
見所タップリの第二話でした。

そして、岩崎弥太郎さんですが、あの状態からどうやって財閥を作り上げていくのか、ものすごく気になります。
伝記とか読んだら分かるんだろうけれども、そこまで興味はないのです。

**

関係ない所で、「ヤマトナデシコ七変化」観た。
うーん。加藤清史郎は可愛いけれど、スナコちゃんも面白いけれど、美形4人組に不満がある。どれも同じような顔なので見分けが付かない。
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
2012

監督/ローランド・エメリッヒ
出演/ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、他

景気よくいろいろ破壊して、
その破壊の映像が迫力あって、ハリウッドだなぁとつくづく思いました。

ハリウッドのCGを駆使したスペクタクルな映像と、
日本の特撮による迫力の映像は、種類は違うけど、
どっちも好き。

いやなのは中途半端にお金をかけた日本映画の破壊映像。
しょぼい、しょぼすぎる。

それはそれとして、2012.

【物語】
2012年の地殻変動が起きて人類存続の危機がやってきた!

<主要グループ>
・異変を知ってUSAの政治の中枢から見る男
・ハイキング先が政府の秘密にしている場所だったお父さん
 (妻と二人の子どもとは絶賛別居中の残念なお父さん)
・お金持ちのパパンと双子の子ども(ハリーのいとこみたいな)、愛人

が、そのうち繋がっていく話。

【感想】
映像はすばらしいけど、色々突っ込みたい。
以下、ネタバレ感想文。
テーマ:個人的な映画の感想
ジャンル:映画
2009年度日本インターネット映画大賞
外国映画部門


今年もありがとうございます。以下、投票。
(日本映画は鑑賞本数が少ないのでパスします。
勝地涼に票を入れたかったのに、ごめんなさい;_;)

田舎なので、都会基準だと一昨年のもあったりするのですが、
いいのかなぁ。

*************

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

---------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「縞模様のパジャマの少年」 10点
  「カールじいさんの空飛ぶ家」   5点
  「愛を読むひと」   2点
  「セントアンナの奇跡」   2点
  「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」   3点
  「雪の下の炎」    8点

【コメント】
こんな感じで。
「縞模様の~」は最強。普通に観に行ったら、普通どころの騒ぎじゃなかった。
この作品に10点捧げたかったので、断腸の思いで諦めた作品もあります。
「カールじいさん~」は細々とおじいさんの動作にお年寄りくささ(?)が素敵に盛り込まれている所が素敵で、「愛を読むひと」は思わず原作本を二度読みしてしまったくらいよくて、「セントアンナの奇跡」は物語もさることながら合計出演時間が30分にも満たないけど重要な人物がとてもとても素敵で、「THIS IS IT」はMJをゴシップ系のセレブとしか見ていなかった自分に大反省を促して、「雪の下の炎」はドキュメンタリであることが信じられない映画でした。

---------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [  楽真琴   ] (「 雪の下の炎 」)
【コメント】
言葉がありません。

【主演男優賞】
   [ ベネチオ・デル・トロ ] (「 チェ 39歳 別れの手紙 」)
【コメント】
「28歳の革命」でもよかったんですけど、やっぱり最期を演じたほうに1票。

【主演女優賞】
   [ ケイト・ウィンスレット ] (「愛を読むひと」)
【コメント】
すごくきれいでした。

【助演男優賞】
   [ 金城武 ] (「 レッドクリフ PARTⅡ 」)
【コメント】
甲乙つけがたいので、欲目で決めました(言い切り)。

【助演女優賞】
   [ アビゲイル・ブレスリン ] (「 私の中のあなた 」)
【コメント】
末恐ろしい娘さんです。

【新人賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】
誰が新人か分かりませんのでパス。

【音楽賞】
  「 マイケル・ジャクソン THIS IS IT 」
【コメント】
ゴシップ系のイメェジしかなかったMJですが、
映画観てCD欲しくなりました。まだ買ってないけど。


【ブラックラズベリー賞】
【コメント】
幸い、外国映画にありませんでした。
思い出したら血圧が…。

---------------------------------------------------------

【勝手に○×賞賞】
   [ 勝手に素晴らしいパンフレット賞 ]
  「セントアンナの奇跡」
【コメント】
 新聞記事を読みながらコーヒーカップを
 思いっきり傾けているシーンを見開きページで掲載してくれて
 ありがとうございます。


---------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
---------------------------------------------------------


*************

以上、去年のまとめでした。
滑りこみですがよろしくお願いします。

今年はまだ1本も観ていません。


テーマ:2009年映画感想
ジャンル:映画
今日は寒かった!



筑前煮を作りました。

もう、レシピの分量どおりに作る気どころか
何を入れるかすら真面目に考えない。

□鍋に入れたもの(順不同)
鶏肉、牛蒡、蓮根、蒟蒻、椎茸、人参

調味料系/醤油、砂糖、酒、味醂

おまけ/干し椎茸の戻し汁

調味料の分量なんて覚えてませんというか、
味見しながら注ぎ足し派になっていると
つくづく感じた、本日の料理。

でも食べられたからいいや。

圧力鍋の使い方が未だに分からない。
油断すると吹き零れるllorz...



結論/味がしみた根野菜は美味しい


テーマ:日記
ジャンル:日記
久しぶりに"ハンバーグ"を作ってみました。

挽き肉が少なめだったので、
嵩が増すかなぁと思って人参とピーマンのみじん切りも
入れてました。
好き嫌いのある子供に食べさせる用でもないので、
隠しきれていません、赤とか緑とか。

焼いたときに割れてしまったのがあったけど
原因は・・・

1)パン粉を牛乳に浸さなかった

2)こねるのが足りなかった

3)そういう仕様

全部ですね。


クックパッドをみたら、蓮根入りもアリなようで、
次はそうしよう。
でも蓮根をすりおろすときは、生姜も入れたくなる。
ハンバーグじゃなくなるし。

ハンバーグって、材料を厳密に計らなくても
出来上がるものなのでいいなぁと思います。
油断したら、挽き肉より玉ねぎのみじん切りの比率が
高くなるけど。

テーマ:つぶやき
ジャンル:日記
小栗旬・初監督作品「シュアリー・サムデイ」の
公式サイトができてた。
うれしい布陣で早速目頭熱くなっています。

特報がアップされていたけれど、
動体視力に難があるのでみとれることが出来ない。嗚呼。

あと気になるのは、客層。
普通に映画として観るなら、
私は静かに観たいのです。
ミニシアター系…でもないよね。
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
NHK大河ドラマ
龍馬伝 第一話/上士と下士


三箇日は初詣行って、友だちとくっちゃべってて見逃してたので再放送。
ニュースで、子龍馬が話題になっていましたが、私は子弥太郎に目がいきました。
そこはどうでもいい。

冒頭から香川照之の存在感が半端ない。
岩崎弥太郎が語りをする物語なのですが、いいのですか、素敵過ぎる人で。
いや、私は好きだからいいのですが。

児玉清さん(坂本父)とか、蟹江敬三さん(岩崎父)とかも、もうもう素敵過ぎる。
なにあの姿勢の良さ、かっこよさ。
大河のいいところは、歴史物語の性質上、渋いのが多いことだと改めて思いました。

そして、男前・坂本龍馬。

縁側に、男前龍馬とにゃんこのシーンは
なんともいえない眼福シーン。恐ろしい40歳だ。

テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
本屋さんいったら出てたので購入。
もうこれ、勢いですね。
麻雀のルールなんてぜんぜん知らないのに。
アニメはどうするんだろと思っていたけど、DVDか。
買わないけど。

ムダヅモ無き改革(3) (近代麻雀コミックス)ムダヅモ無き改革(3) (近代麻雀コミックス)
(2009/12/26)
大和田 秀樹

商品詳細を見る


合衆国大統領=紅天女

楽しそうな話でした。


テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
いろいろ間違っているような大晦日の過ごし方

年賀状を作成しようとようやく重い腰を上げたのが大晦日の16時過ぎ



本屋さんでCDROM付の素材集を探す
(12/31はもうコーナーが縮小されていました)



帰宅して、PCにプリンタをつなげるとエラー。
メーカーで修理系のエラーっぽい



閉店間際の電気屋へ滑り込みをしてプリンタ購入。
複合機だとかんだとかいってられません。



ソフトのインストールをすませて、改めて年賀状作成



紅白も終わるころに完成、投函



ホルストの"Jupiter"を聞きながらHappy New Year!

でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。