上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石垣島でダイビングのライセンス(Cカード)をもらい、
そのまま与那国島へ。
海底遺跡が観たいがためにおこなった講習です。

が。

インストラクターの人から聴いて初めて、
"ドリフトダイビング"という存在を知りました。
(ドリフとダイビングだったら楽しそうなのにね)

[先入観のドリフトダイビング(正しいドリフトダイビングは…さぁ?)]
1)船からエントリー
2)紐を手繰らず、いきなり潜降(講習にはなかった)
3)そのまま海中で集合
4)楽しんだ後は紐のないところで安全停止(講習には以下同文)
5)海流に流されて浮上したところへ船がやってくる(講習には…)

と、これだけ聞いて、己の世間知らず度というか、
前知識を仕入れなかったことを悔やむ。
初心者は難しいって。

なんで海流に流されながら海の中を楽しめるんだろう、
と不思議に思いつつ予約へ。
(行けば何とかなると思って、ショップすら調べずに与那国へ)



そして当日。


スポンサーサイト
テーマ:沖縄離島の旅
ジャンル:旅行
無謀にもダイビングのCカードをとるために冬の石垣へ渡りました。

3日でとれるもんなのか、これはと疑いながらの初日。
唯一の救いはインストラクターとマンツーマンなこと。

【1日目】
浅瀬で練習。
・マスククリア
・着脱
・レギュレータを離して探す
・オクトパスを渡す

いざとなったら立てばいい話なので、いちばん難しかったのはマスククリア。
オチから言えば、マスククリアはまともにできません。

【2日目】
海へGO。

・海中で1日目の復習。おもにマスククリア。
何度やっても水が残る不思議。

・中性浮力とやらの確認。
沈む沈む。どこまでも沈みます。
理屈は分かってもなんかよく分かりません。
砂を蹴って視界を悪くしました。だめじゃん。

エントリは後ろ向きでバッシャンでしたが、これは意外にできました。

・水面であしかきしながらBCに口でエア入れ
死ぬかと思ったけど必死。

【3日目】
まとめ。
エントリは立ったままドボン。
あの重たいものを担いで、揺れる船上で立つのが厳しい。

とりあえず、インストラクターの人についてあっちこっちと。
いやもう、美しい光景が広がっていました。ニモもいました。多分。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

テーマ:沖縄
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。