上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の転換期がやってきました。

色良い話でないのがなんとも言えませんが、
アレと被っているのは無関係でしょうか?
(アレ=前厄)

でも、アレとかぶって
来年もっと恐ろしいことが起きると困るので
無関係にします。

それはそれとして、今まで流されてきただけだったのですが、
いい加減もっと考えないといけないのかなぁと。

流されるのも自分で決めた事なのですけどね。

おかげで、映画に行く気になれない。
「剱岳」行きたいのに。



スポンサーサイト
なにげなくクリックしたYahoo!の見出し記事。

英BBC支局長に国外退去命令 イラン

 【テヘラン支局】英BBCは21日、イラン政府当局がテヘラン特派員のジョン・レイン氏に、24時間以内に国外退去するよう命じたことを明らかにした。同氏の退去後も、テヘラン支局は維持するという。

 ロイター通信によると当局は、BBCの特派員が「中立性を無視しでっち上げを報道し、暴徒を支持し、イラン国家の権利を踏みにじった」ことを国外退去の理由としている。

 また、CNNテレビによると、アラブ首長国連邦のドバイに本拠を置く衛星テレビ「アルアラビーヤ」も閉鎖を命じられた。(毎日jpの記事)

記事を読むとへぇへぇで、イラン問題を追っていないのであれなのですが、
唯一気になったのが、これ↓
"イラン政府当局がテヘラン特派員のジョン・レイン氏に"

椎名きっぺいを思い出しちゃったわけです。

それだけ の話。

でも、ほかのところには「ジョン・ライン」とあってどっちだろね。



テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
愛を読むひと

原作/ベルンハルト・シュリンク『朗読者』

監督/スティーブン・ダルドリー
出演/ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、他


劇場内が明るくなるまでいい映画でした。

原作を数年前に読んでいますが、
覚えているのは年が離れすぎた男女の恋にWW2の黒い影があって、
推理力が働かずに主人公と一緒に真実に気づいた己の観察力のなさくらい。

■物語
戦後、西ドイツ・ベルリン。
調子が悪くてけろけろしていた少年(15歳)を
通りすがりの女性が介抱してくれ、関係が始まる。
逆だったらおまわりさんがかけつけていたと思う。

彼女が彼に望んだのは、本を朗読すること。

猩紅熱って…ベスがかかった病気ですよね。若草の。

以下、真面目に感想文。ネタバレ遠慮なく

テーマ:映画感想
ジャンル:映画
本の並びがちょっと(どころではなく)乱雑になっていたので
指定の場所へ戻す作業をしていました。

そうしたら、読みかけの(あるいは放棄した)本が
出てきて、しおりがないからレシートやスクラッチ(外れ)で
しのいでいるのがいくつかありました。

新潮文庫なら紐がついているのでよいのですが、、
どことはいいませんが、しおりがついていない文庫があります。

そこで登場するのが、書店のしおり。

S書店はよく挟んでくれてたなぁと、
S書店で買った新潮文庫(ブックカバーで識別)を重点的にめくっていったら
出てくる出てくる。

ほかにも、Yという本屋さんでもしおりを挟んでくれるので、
そこも探してみたらけっこう出てきました。

あと、おおむかしに下鴨神社で買った、
おみくじ付しおり(または、しおり付おみくじ)を発見。

相生社でゲットしたっぽいですが、連理の賢木があるように、
縁結び(…くっ)の神様が鎮座されているところ。




なんで睡眠時間けずってまでしおりを探しているんだろうと我にかり、終了。
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
<対話>のない社会
思いやりと優しさが圧殺するもの

中島義道・著/PHP新書

読了

【内容】
中島せんせいの日常生活。嘘。

【感想】
お元気そうで何よりです。

思いやりと優しさ。

あいまいで実行することが難しいし、
「思いやり」とか「優しさ」とかってなんだ?と
ズケズケ聞くと眉をひそめられそうなことに
ズケズケと言っているような気がするのですが
たいがい間違いなのでこれも間違いです。

うーんとうなったのは(心中で)、
思いやりの暴力に気づかない人々の下り。

車内放送にほほえましさだか感謝をおぼえたご婦人の
新聞投稿にたいする、先生の訴え。



話変わって。

この本にも、著者の不愉快そうな日常が挿入されていて
そこを楽しみに読むという下心もあるのですが、
今回も面白かったです。

大学のお先生が取っ組み合いの喧嘩。
しかも酔っ払い。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
ベビーフットを使用して1週間が過ぎました。

ずるずるには剥けず、チマチマ剥けている状態。
足の甲がいちばんうまい具合に向けて、
足の裏は割るのを待つばかりの鏡餅です。


無理矢理にでも剥きたいけど、耐えるのです…。

ニキビとか、カサブタとか、耐えられない人には拷問かも。
私だ。

二本目、買っておこうかな。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
ひとり、中島せんせいブームが続いています。

「<対話>のない社会」
中島義道・著 PHP新書

購入。まだ読んでいません。

さいきん、本屋さんで中島せんせいの本をたくさん見ます。
はやく文庫にしてください。

それはそれとして、新書は欲しい本を探すのに適さない並び方をしています。

著者名順で並べないのは何故なのか、未だに分かりません。
別に調べていませんが。



先日、時間潰しに(めずらしく)図書館へ行きました。

とくに読みたいものはなかったのですが、
そういえば京都・大阪の本屋さんではあったのに、
地元の大型書店では見つからなくて、amazonで購入ボタンを押す寸前の本が
あったことを思い出して探すとありました。

お昼ご飯を食べたあとだったせいか、
空調がきいていないせいか(クールビズか?)、
むちゃくちゃ眠くなって、というより、むしろ寝てしまって、
途中止めになった本があります。

予定がないのに次にきたときのために…と棚に戻したのですが、
帰ってから借りればよかったんじゃないのか!?と己の迂闊さを責めました。

でも、貸し出しカード作ってないし。

このあいだ、市県民税の通知がやってきて、その額にめまいがして、
どこかで税金使った施設でサービス受けなきゃ損だと思っていましたが、
図書館て、いちばん使いやすい施設なんですよね。

仕事帰りに寄るのは面倒だし、
休日にわざわざ図書館に行くのもなぁ…なのですが。

テーマ:雑記
ジャンル:日記
「愛を読むひと」の日本版イメェジソングに平井堅の歌。


というのをチラ見して、
本屋かどっかで平井堅のけだるい(他に表現があるはず)歌声と
映画の映像が流れているのを見て…

ものすごく胃が痛くなりました。


さいきん(去年の話)、もう内容もまともに覚えていない
「P.S.アイラブユー」のむかむかが蘇りそう。


杞憂に終わりますように。(09.06.20 杞憂に終わりました。良かった×2)


※2009.06.10 追記。見苦しいので小さめ。

「HACHI 約束の犬」の日本語版主題歌に青山テルマ決定。

「日本語版」って日本語吹替え版のことだとありがたいなー…。
仕事請け負った人って、その映画観ないのかな。
そうか、本編終わった瞬間に立ち去るから別にいいんだ。

別に青山テルマだからじゃないんです。
これがとっても大好きな日本人歌手(とくにいないけど)でもイヤ。

エンディングで流れませんように…。
集客のためなら、予告とかだけでいいと思います。
あとてきとーにテレビで流せば。

どうしてむこうの監督さんや俳優が一所懸命作った、
(多分)素敵な映画に手を加えようとする。

だいいち、「蝉しぐれ」のときだって、
予告でしつこいくらい“かざぐるま~”って流していたのに、
本編では使わなかったじゃないか。

って、確認したら、イメージソングだった。

それでいいじゃないですか(なぜ必死?)。

最近の映画の悩みは、イメージソングをわざわざ用意していること。



テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
天使と悪魔

原作/ダン・ブラウン
監督/ロン・ハワード

出演/トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、他

なんだろう、宗教に思い入れがあるわけではないのに
ラスト近くのシスティナ礼拝堂(入り口あたり)のシーンが眩しかったです。

黒スーツばんざい!


■物語
ハーヴァードで泳いでいるラングトン教授の元へ、
ヴァチカンより使者が訪れる。
資料閲覧許可がおりたのかと思っていた教授だったが…。

一瞬だけですが、リアル目玉のおやじが登場。
やっぱり水木しげる先生の絵だけで充分。

18:00から事が始まるのですが、昼間のように明るかったです。
日が長いんですね、ローマって。

■感想文(こころを込めてネタバレ)
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
天使と悪魔 <上・中・下>

ダン・ブラウン/著
越前敏弥/訳
(角川文庫)

読了。面白かったです。

バチカンでいちばん偉いのは
ローマ教皇ですか、ローマ法王ですか、
同一人物でしょうけど、どっちですか!?

■物語
ラングトン博士が「ジュネーブ」を、
合衆国のどこかにあるジュネーブとWHO本部があるジュネーブと
勘違いしていたところから始まる、秘密結社“イルミナティ”との戦い。

アルファロメオで回る6時間で回るローマ、
という話ではありませんでした。

以下、感想文。ネタバレ。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
電子辞書を1年以上放置していたら、電池がなくなりました。
電源入れてないのになんで!?

ということで、新しい電池を買って入れ替えて、スイッチをオンにすると、
つきませんでした。
なんでだー。

と思う間もなく、時間が近づいてきたので約束の場所へ行きました。

英会話です。

ぜんぜん懲りてません。
しかも、今日は掲示板でみつけた先生です。

つまり、個人レッスン。

レッスンの方向性も自分で発信しないといけません。

電子辞書が開かないのに(滝汗)。

やっぱりデジタルよりもアナログ、紙媒体のほうが信用度が高いわ、
と思いつつ、ラスボスに棍棒で立ち向かうような気持ちで先生に挨拶。

・・・・・・たいがい、理解出来ません。

たちの悪いことに、「英会話」レッスンのはずが、
ヒアリングになってます。

先生はしっかり英語。
私、ひたすら言いたいことを英語で筆記。

あら、トラベル英会話のはずが…ひたすら書いてます。

帰宅後、も一回調べたら、プラスとマイナスを逆に入れていました。

理科の授業からやり直しですね。あほです。



テーマ:ちょっとした出来事
ジャンル:日記
日本映画史上初となるデジタル3D実写映画『戦慄迷宮3D』が公開

主演が柳楽優弥。

そうか、柳楽くんか。「誰も知らない」は可愛かったなぁ…
デジタル3Dってなに?
左右の色が違う色眼鏡(レンズ部分はセロファン)で観るの?

という感じでいました。

だったのに。

ぜんぜん関係なさげな某公式サイトで、勝地涼のサイトを観にいったら、
タイトルだけ見てスルーしていた記事の、映画のタイトルがまた目に入りました。

そうくるか!!

がぜん行く気。

記事もよく読んだら、監督・清水崇で、内容ホラー。

富士急ハイランドのアトラクション云々がいまいち分からないのですが、
多分、半泣きになると思います。



↓ホラー(映像)の基準。

「着信アリ」は画が気持ち悪いけど、そこはかとなく笑えました。
高橋克典主演の「リング」は怖かったです。
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。