上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦・著/角川文庫

読了。


■物語
京都の大学生(男)が惚れた後輩(乙女)との物語。

以下、感想文。




スポンサーサイト
テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌
劇団新感線 いのうえ歌舞伎・壊
「蜉蝣峠」

大阪公演:梅田芸術劇場メインホール
5月某日、鑑賞

踊り場

「一所懸命全体を写そうと頑張った」写真ですが、
この一部分に命をかけた写真がありますが上手に撮れなかった。

梅田芸術劇場は行ったことがあるのですが
メインホールは初めて。

なので、気がついたらシアタードラマシティに行ってました。
ポスター違うって。

ネタバレしながら感想文

二度目だから落ち着いて観られるかなと思っていましたが…
無理です。

シャモを追いかけるシーンからドキドキ。
シャモにもドキドキ。



テーマ:観劇
ジャンル:学問・文化・芸術
ひさびさに京都を満喫しました。
1日だけでしたが、いつもとは違うめぐり方をしてとても新鮮。

いつもとは違う=神社仏閣を詣でることを目的としない

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。