上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カフーをまちわびて

監督/中井庸友
出演/玉山鉄二、マイコ、勝地涼、他

観に行くって決めていました。
内容の面白い・面白くないは期待せずに。

そうしたら、とても素晴らしい映画でした。


【物語】
沖縄の離島の青年が書いた“嫁にこないか?”という絵馬をみつけて、
家にやってきた女性とのふれあい。
バックはリゾート開発。
「明青」と書いて、「あきお」と読めるか!?

主演女優のマイコをひたすら美しく撮ろうと心がけていた映画。

以下、感想文(オールねたばれ


スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
ジェネラル・ルージュの凱旋

監督/中村義洋
出演/竹内結子、阿部寛、堺雅人、他


「チーム・バチスタの栄光」は未読・未鑑賞。

堺雅人のなんともいえない笑みに誘われて鑑賞。
タイトルがすっごく格好いいと思います。

・・・・・・

面白かったです。
そして、素敵すぎました。

【物語】
竹内結子演じる女医の元に、一通の密告が届けられ、
出入りの業者が投身自殺。
厚生労働省の阿部寛が入院して、小児病棟に放り込まれて似合うじゃん。

以下、感想文。
役名を覚えてないので俳優の名前で語ります。
そしてネタバレ




テーマ:邦画
ジャンル:映画
きっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン

シェリー・ブレイディ著/宇丹 貴代実・訳(草思社)

ドラマ観忘れた…!!

読了。以下、感想文

前向きすぎるひとの生き方でした。

なにより驚かされるのは、ビル・ポーター氏のお母様の
「神は過ちを犯さない」という信念。
だから、息子が脳性まひになったのも神様からの贈り物(意訳)だから
逆境と思うことはない。

どんだけ前向きなんですか。

信仰も、人によって表われ方が違うんだなぁとしみじみ思いました。

ポーター氏の仕事に対する姿勢は頭が下がります。




きっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマンきっと「イエス」と言ってもらえる――脳性まひのビル・ポーターはトップセールスマン
(2004/03/25)
シェリー・ブレイディ著/宇丹 貴代実・訳

商品詳細を見る


テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
冬の大阪土産の「551蓬莱」が冷凍庫にありました。
いえ決して忘れていたわけではなくて…。

ガチゴチの肉まんをあっためるために
電子レンジ登場。
濡れたふきんを云々とありましたが、それも怖いので
数年前に読んだ本を思い出し、
それを参考にしてあることを試してみることにしました。

参考にした本(上下ものです)

童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)童話物語〈上〉大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)
(2001/07)
向山 貴彦

商品詳細を見る


主人公はペチカという身寄りのない女の子。

福祉があまり行き届いていない町に住んでいて、
色々とひどい事をされるわけです。

読みごたえのある物語でした。

今回はそんなペチカから学びました。

や・ただ単に、お皿に水を入れて割り箸2本で橋をつくって
その上に濡らした肉まんを置いて電子レンジで3分あっためただけです。

にしても、551は美味しい。

最近知ったのですが、甘酢団子も美味しいです。
梅田駅の周りをひたすら彷徨って売り場を探します。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
着物ではありません。

あたらしく文庫で出るとは知っていましたが、
あえてみないようにしていました。
そうしていたらきれいに忘れていたのに、
ひさびさにS書店に行くと…平積みされていました。

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)
(2009/03/31)
バリー アイスラー

商品詳細を見る


これだとただの文庫。食指もうごきゃしない。

が、いま本屋さんでは、とても素敵な帯がついているので
ついつい、足が止まってしまいました。

海外の物語(翻訳ズミ)のイメージ
→文字が小さい・改行が少ない・登場人物が思い出せない

なのでこれもチミツな文字で書かれているんだろうなぁと
思ってパラ読みしたら、文字が大きかったです。

それはそうと、900円は高いよう、今月早くもピンチだよう、
でも帯のごくごく一部が素敵なのでレジへ。

分冊にしなかっただけ良心的と思います。

公開まで1ヶ月切りました。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
待っていた新刊が登場。

□『聖☆おにいさん』3巻

3大宗教のうちの2大宗教をここまで使えるってすごいなぁと思いつつ、
好きなのです。

いろいろな小ネタが素晴らしく。


聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)聖☆おにいさん 3 (3) (モーニングKC)
(2009/03/23)
中村 光

商品詳細を見る



□『おせん』16巻
本気で鰹節の話はもう出ないんじゃないかと思っていましたので、
無事(?)に物語が結ばれて嬉しいです。

作者の方のあとがき漫画が切なかったです。
再開して下さってありがとうございます、と。


おせん 16 (16) (イブニングKC)おせん 16 (16) (イブニングKC)
(2009/03/23)
きくち 正太

商品詳細を見る


ほかにも「正義の味方」とか「月光条例」とか買いました。

テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
劇団新感線 いのうえ歌舞伎・壊<Punk>
「蜉蝣峠」

東京公演:赤坂ACTシアター
3月某日、鑑賞


古田新太は舞台のほうが好きで
(というよりTVの古田さんを真面目に見たのは、『ぼくの魔法使い』だけ)堤真一もいけてて(『贋作・桜の森の満開の下』以来でまたまた生足拝む)、新感線といえば粟根まことさんが楽しみで…。

楽しかったです~。

「二派に別れた無法者の抗争」とうい図式は人間関係に戸惑ってどっちじゃいというパターンが多いのですが、分かりやすくて…。

高田聖子さんが素敵でした。

以下、ネタバレしつつ感想文

テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
『ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画』
於:国立西洋美術館

に行ってきました。
東京へは観劇に行って、ほかに何も予定立てずにいってしまい、
なにかやっていないかなぁと上野にいったらしていたので。

展示されていたのは71点の絵画。
すくなっ、と思っていましたが、実際観てまわると、充分でした。

絵画ですよ、絵画。

行った事ないけど、ルーヴルだし、保険金いくらなんだろうとか
オークション出したらハウマッチ?という、下世話な思いしか出ません。
俗物ですから。

知っている絵をナマで観られたらOKという気持ちを持っていきましたら
あらたな発見がありました。

―――聖人や古典をベースにした絵は、その知識がないとさっぱりさっぱり

光の描き方がどうだとか、青色がどうとか、深みが、陰影が、構図が…
というのは、分かる人に任せるので、あとは好みの絵が見つけられればめっけもの。

ルネ・デカルトの肖像画がありました。これはラッキー。

「大工ヨセフ」(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール)を観られました。
お父さんの目が泣いていました。嘘です。素敵な髭でした。
(父子というより、おじいちゃんと孫にみえた…)

フェルメールの「レースを編む女」がありました。
絵画というのはでっかいのがイメージですが、ポストカードみたいなサイズ。
あ、でも80円では送れないサイズか??

あとは、「イリアス」の一場面を描いた絵とか、
同じタイトルの絵があって、え、さっき観たよね!?と己の記憶力を信じられず。



結論・・・全部覚えられません



テーマ:独り言
ジャンル:日記
この間、次が出ないかなぁとぼやいていたら、
出てました。

ひまわりっ~健一レジェンド 10 (10) (モーニングKC)ひまわりっ~健一レジェンド 10 (10) (モーニングKC)
(2009/03/13)
東村 アキコ

商品詳細を見る


そして、木綿のハンカチーフも。
やっぱり面白い。なんで関羽~。

ウィング関先生が誰かに似ているとずっと考えているのだけど
思い出せません。

今月の書籍代(予定)を早くもオーバーしそうです。
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
梅田に遊びにいったらジャワティーを配っていました。

(阪急に行こうとしたらヨドバシにつきそうになってあわてて方向転換して
阪急電車の標識の近くに阪急があるはずと信じていくとそれらしいところに
辿り着いて、成城石井を右手に階段を下りると、
100%迷子になれる紀伊国屋書店の横に降り立った、大きな画面があるところ)

ジャワティーって、ミスドでよく飲んでいたけどここ数年みていないし存在も忘れてて
復刻したのかと思いつつも、ポケットティッシュみたいに配っていて、おこぼれにあずかりました。

都会ではこーゆうのも配られるんですね。

それはそれとして、ポスターも貼ってあったのですが、
どこかでみたことがあるような顔で…と思っていたら、金城武でびっくり仰天。

テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
はじめてのラテン語

大西英文・著/講談社現代新書

読了・・・(?)

英語の文法も日本語の文法も分かっていないくせに
なんだって手をだすかなぁ。

読みものとして読むには面白い箇所がありました。
現代にも生きているラテン語、というのが。
(唯一まともに覚えているのが“アウディ”というのもあれですが。
ドイツ語をラテン語にしたものらしいです。8へぇ)

最初は、単語の上にカラオケみたく片仮名でルビをふってくれているので
ありがたかったのですが、途中からいらないだろうとなくなり読めなくなる。

単語が時と場合によって末尾が変化して、
性別があることを教えられて、
というのは分かったけど、そんなの覚えられないし、
なにより都度登場する日本語の意味が分からなくなります。

未完了過去・指示代名詞・疑問形容詞・不規則動詞、ほかにもいっぱい。
この意味を知ることから始めないといけない人間には、
そういう下りになると(ほとんどそれですが)ひたすら文字列を追うだけで
ときおり挿入される余話をじっくり読んでいました。

本気で、どこにも披露する必要はない雑学が増えるだけ。忘れるけど。
でも、その箇所が面白かったので、良かったんじゃないかなぁ…。

タイトルは多分、(寝言も喧嘩も英語OKな人の)「はじめてのラテン語」。

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
普段、あさごはんを食べません。

1)時間がない 2)おなかが…以下略 3)ダイエット

のうちの2つの理由で。

けど、旅先ではしっかと食べます。
食べてあと、ぐてーっと部屋に戻って寝るし。
太るっつーの。

喫茶店のモーニングも好き。
ホテルの朝食バイキング or 朝ごはん定食も。

薄く切ったトーストと目玉焼きとソーセージ・ベーコン、コーヒー(でかいマグ)。
白いご飯、鮭の塩焼き、卵焼き、お味噌汁。

どちらも好きですが、自分で用意しようとは思わないのは、
休日の朝はココロを込めて眠るか、用事がある休日の朝はそれどころじゃない、
という生活だからです。


そんなこんなで買ったのは、

朝ごはんの献立―12のシーンとおいしいごはん朝ごはんの献立―12のシーンとおいしいごはん
(2008/11)
飯島 奈美

商品詳細を見る


飯島奈美さんという人は、
『かもめ食堂』『めがね』に登場のごはんを作った人とのこと。

たしかに、劇中の料理はどれも美味しそうでした。
おにぎり・シナモンロール・焼き鮭・筑前煮・ちらし寿司・卵焼き・茹で海老・生姜焼きetc

本の中も、いろんな美味しそうなご飯で、
ちょいと頑張れば作れそう…と幻想を抱きたくなります。

表紙の目玉焼き、美味しそう。カリカリだって。

目玉焼きは何割かの確率で、炒り卵か卵焼きモドキに変身させることができます。


テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
モーニングは読んでいるのですが、
よくわからずへぇへぇと読んでいた作品があって、
よくわからないまま最新刊を買ってしまいました。

ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)

物語の流れは途中からはいっているのでサッパリなのですが、
言葉遣いやリアクションが面白い。

主人公がだれか分からないまま、
エビちゃんとか副主任とか副部長とかハミガキとかが出てきて、
きわめつけが「ウィング関先生」。
名前に隠された意図を理解するのにかなり時間がかかりました。

人形劇ひそかに観てたし(紳々とか竜々とか)。

個人的には早く木綿のハンカチーフを読みたいです。


ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)
(2008/12/22)
東村 アキコ

商品詳細を見る



あ、残念。オビがついたらもっと面白い表紙なのに。


チェンジリング

監督/クリント・イーストウッド
出演/アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、他


予告編のみの前知識
「行方不明になった息子が帰ってきたら別人だけど
誰も信じてくれない女性の、真実の物語」、
だけで観にいったら半泣きになりました。
アンジェリーナ・ジョリーからは遠いところで。

【物語】
1920年代、アメリカ・ロサンジェルス。
クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の一人息子ウォルターが失踪。
数ヵ月後、警察が発見した報せを受けて息子と再会したが
その子どもはまったくの別人だった。
(上記の前知識をもっと長文にかえただけの文章)


以下、感想文。ネタバレ、ネタバレ


テーマ:映画感想
ジャンル:映画
「チェンジリング」を観に映画館にいって、
「レイン・フォール/雨の牙」のチラシをゲットしました。

公開まであと1ヶ月とちょっと。
楽しみ楽しみ♪♪

と、本題の「チェンジリング」を無視してチラシ一枚で
嬉しくなれる自分がとてもお手軽だと思いました。

日本映画だってさ。
椎名桔平と長谷川京子だけでTV媒体での宣伝をしてほしい。
下手にされると、どんな扱いになるのか怖いので。

がんばって広報活動してください。椎名桔平様。

「チェンジリング」は面白かったです。
テーマ:日記
ジャンル:日記
史記列伝<一>

小川環樹、今鷹真、福島吉彦・共訳/岩波文庫

……ヘロドトスの「歴史・上巻」(中巻以下、絶賛中断中)より面白い。
ごめん、へっくん。

たぶん、子どものころに買ってもらった故事成語のまんがおかげかと。
小学生を対象にしたもので、
「呉越同舟」「邯鄲の夢」「杞憂」などの言葉が生まれた経緯を
1~2ページの漫画にして説明したものです。
それが面白くて、必死に読んでいました。

そのせいか、難しい文章でも内容が分かっている所に
あたると、なんとなく分かるものです。僅かな箇所ですが!

とりあえず、気がついたことわざ↓
臥薪嘗胆・屍に鞭打つ・鶏口牛後

あと、なんのことわざが思い出せないけど、
可愛い小姓が決まりごと(勝手に馬車を使うのはダメ)を破ったり
美味しいよとか言って食べかけの桃をご主人に上げたりしたのを、
王様は可愛いからOKで済ませていたのに、
数年後、可愛くなくなってからその時の話を持ち出して罰した話。
気まぐれもいいとこだけど、その話も載ってました。

もちろん、白文を目の前に置かれても、「読めるかぁ!」で終わりますが、
(なんとか)読める文章になっているので、楽しいです。楽しい箇所は。
面白くないところは文字を追っていくそばから抜けています。



テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
オーストラリア

監督/バズ・ラーマン
出演/ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、他

「ムーラン・ルージュ」もよかったし、
「ハンカチを忘れる女性多数」という煽りに釣られました。

忘れそうになりました。

上映時間165分!
鑑賞前から、長いよ、もっときれいにまとめようよ、
寝たらどうしよう、とネガティブ。なら観に行くな。

【物語】
夫を心配してオーストラリアまで渡ったイギリス貴族の女性が、
夫を失い、悲しみの中気丈にも、夫が引き合わせてくれた男たち
牛を追って大陸横断をする物語。…だったら良かったのに。

以下、映画の感想文。ものすごいネタバレ。というより話を喋っています。
割り切って観ようよ、私。
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。