上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知の愉しみ 知の力

白川静、渡部昇一/致知出版社

読了。年挟みました。

大学の先生同士の対談。
社長2人の対談本よりずっと(×2以上)面白かったです。

つくづく思ったのは、どうしてこういう人達は今までの人生の中で読んできた本をタイトルどころかその中身まで覚えていられるのか、そして引用できるのか。
いつも謎です。
エッセイなら、ふと書いている姿を想像し、タイトルやその中身の一節を確認するために書斎なり書庫なりで本を探す姿を思い起こせるのですが、対談集って、対談集ですよね。写真やあとがきを見る限り、いいとこの料亭で正座してお話しているんですよ。

片っ端からいろんな書名がでて、中身が語られて、5ページ前のことも忘れる自分にはおそれいるばかりです。

って、そんなことを知らしめるために
対談をされていたわけじゃないと思う、
以下感想文(いつでも敬称略)。

まずは渡部昇一について。

「ワタナベ」という姓から、政治家かそれに近い職業の人かと思っていました。
学校の先生でした。著作は本屋でいろいろみかけるかな、という私的知名度。

白川静について。

宮城谷昌光さんから入ったのは告白済み。宮城谷さんから遠ざかっていましたが気にはなっていた御方。松岡正剛の入門書で再燃。

本屋さんでタイトルを見た瞬間にお買い上げ。他の本屋ではみかけなかったからここで逃したら買えないって思ったから。

そして中身。白川静の生い立ちというか、漢字に関わるまでのお話とか、渡部昇一のイギリス行ったときの話だとか、いろいろ。

そこへ勉強方法というのがあって、とにかく「覚える」ことがありました。
覚えるには、「書く」ことが大事だって。
読んで頭に入るくらいに頭がよかったらそりゃあ苦労はないですね。
楽をしようとしちゃだめだって。

大学のえらい先生が仰るんだからその通りなのでしょう。

まとめると、白川静はかっこういい人だとおもいます。

知の愉しみ 知の力知の愉しみ 知の力
(2001/12)
白川 静渡部 昇一

商品詳細を見る


スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
ジョーカー・ゲーム

柳広司・著/角川文庫

……コミックを大人しく読めば良かったのに、読了。
おおおおおおおおお面白かったです。

【物語】
昭和10年代。
諜報員養成所の設立者・結城中佐と彼に育てられたスパイたちの暗躍。

が、短編形式で描かれています。

全話登場するのは、
現役時代に敵に捕まって、拷問を受けて杖を突かないと歩けなくなった結城中佐。

……………かっけーです!!

以下、感想文。

テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
4月1日・水曜
テレビ東京
19:00スタート
『毎日かあさん』

かあさん:森公美子

うわーお。

想像できないけど、いやじゃない。

あとは、とおさんとか、がんちゃんとか、ひよちゃんとか、
淑子さんとか。

麦ちゃん5も出るのかしら。

とても楽しみ………家に帰ってないって。

【公式サイト】



……とかいいながら、1月25日のTV番組(岩井志麻子と中瀬ゆかりとりえぞう先生のトーク)を
見逃してブルーだったりもします。

テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
土日休みでしたが、本屋と雨にうたれている身内を迎えに行っただけで
あとはずーっと家にいました。
風邪をひいたっぽいし。

10代のころ(…くっ)は風邪なんて1年に一度どころかまともに風邪をひいた覚えも
ないのですが、最近は1年に1回は風邪をひいています。
しかも、長い。
平日は労働で体を休める間もないし、
土日でなおそうと思っても治らない。
おまけに土曜日まで出勤日にされた日には病院にも行けない。
「有給」?なにそれ、な状態です。

そんななか、ひきこもりつつ2冊読了。珍しい。

◆1冊目
告白
湊かなえ・著/双葉社

◆2冊目
知の愉しみ 知の力
白川静、渡部昇一/致知出版社

……感想文はぼちぼちと。


テーマ:頑張れ自分。
ジャンル:日記
日本インターネット映画大賞2008年外国映画部門


以下、投票を。39本中で。


[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 ダークナイト 」    7点
  「 レッドクリフ 」    6点
  「 わが教え子、ヒトラー 」    8点
  「 イントゥ・ザ・ワイルド 」    4点
  「 落下の王国  」    5点
【コメント】
 もっとたくさんいい映画はあったのですが、持ち点を細かく分けすぎて
 点数が低くなったらいやなだなと思い、5本にむりやり絞りました。
 とくに印象深い映画ということで。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [   ダニー・レヴィ    ] (「わが教え子、ヒトラー」)
【コメント】
 笑っていいのか本気で悩まされたから。
 いい意味で物凄く裏切られた映画です。観てよかった…。

【主演男優賞】
   [ エミール・ハーシュ   ] (「 イントゥ・ザ・ワイルド 」)
【コメント】

【主演女優賞】
   [ナタリー・ポートマン] (「ブーリン家の姉妹」)
【コメント】

【助演男優賞】
   [ゲイリー・オールドマン] (「THE DARK KNIGHT」)
【コメント】
 即答。2007年と同じですみません。2009年も彼です。
 次点は、ヒース・レジャーでひとつ。

【助演女優賞】
   [           ] (「        」)
【コメント】

【新人賞】
   [カティンカ・ウンタール] (「落下の王国」)
【コメント】
  なんというか、いい子だなぁと。

【音楽賞】
  「           」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [すばらしきパンフレット賞] (「わが教え子、ヒトラー」のパンフレット9ページ)
 衣裳着たままの笑顔が反則。

【コメント】

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
(同意しない方は「同意する」を「同意しない」に書き改めて下さい)
-----------------------------------------------------------------

テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
日本インターネット映画大賞2008年日本映画部門

以下、投票させていただきます。
が、さっき数えたら2008年の映画は59本で、うち邦画は20本でした。
いいのかなぁ。

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「おくりびと」   10点
  「ぐるりのこと」   6点
  「あの空をおぼえてる」    4点
  「トウヨウソナタ」        4点
  「K-20 怪人二十面相・伝」 6点
【コメント】
 泣きが入る映画が多くて困りました。笑えて面白い映画はないのかと。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [若松孝二] (「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」)
【コメント】
 上映時間3時間超えという拷問に加え、登場人物がどむかつく人物ばかりなのに
 中だるみがなかったから。本気でどむかついた映画でした。いやはや・・・。

【主演男優賞】
   [本木雅弘] (「おくりびと」)
【コメント】
 本木雅弘、竹野内豊、金城武で悩みました。
 映画抜きに好きな役者だと条件反射に金城武なのですが、モックンも竹野内豊も
 良かったのです。

【主演女優賞】
   [木村多江] (「ぐるりのこと。」)
【コメント】
 すごいの一言。

【助演男優賞】
   [該当なし       ] (「        」)
【コメント】

【助演女優賞】
   [ 該当なし      ] (「        」)
【コメント】

【新人賞】
   [ 該当なし      ] (「        」)
【コメント】
 見当たらなかったので。

【音楽賞】
  「崖の上のポニョ」大橋のぞみと藤岡藤巻
【コメント】
 音楽で印象的なのはこれでしょう。ということで。
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [いっぱい出てくれてありがとう賞]
  金城武(「死神の精度」「K-20 怪人二十面相・伝」)
【コメント】
 邦画2本でもありがたいです。舞台挨拶も観られたし。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------
テーマ:邦画
ジャンル:映画
無性に村下孝蔵の「初恋」を聴きたくなることがあり、
よくYou Tubeを利用しています。
(iPodに入れたものがあるのですが、ソフトを立ちあげるのが面倒くさい)

そんななか見つけたのが、「踊り子」。

とてもとてもきれいな歌です。
この間「初恋」をiPodにいれるために借りたアルバムにも入っていました。

よっしゃあ!

ということで、狂ったように聞いています。



はじめて貼り付けてみました。
意外と簡単。

生演奏聴きたいリストに入っています。
無理だというのは百も承知で。


ぼんやりとしています。

◇その1
やさぐれた加藤さんみたいな表紙の小説が気になって、
でも文庫じゃないからスルーしていました。

今週発売のビックコミックスピリッツを立ち読みしたら、
見覚えのある絵柄で、
でもこの雑誌では見覚えのないきれいな絵のマンガが載っていました。

霜月かよ子(柳広司 原作『ジョーカー・ゲーム』)
『Dの魔王 ジョーカー・ゲーム』

「亡国のイージス」の番外編ぽい少女マンガを書いていた人です。
短期集中連載だそうです。

ちょっと楽しみが増えました。

◇その2
清水の舞台から飛び落ちたつもりで、amazonの購入ボタンを押しました。

amazonプライムの体験版に申し込んで、お急ぎ便を無料体験中。
土曜日に届くそうです。

◇その3
今日からドラマ「Q.E.D. ~証明終了~」スタート。
帰宅したのは20:45。帰ってから思い出しました・・・orz。

◇その4
2009年になってやっと本を1冊読み終えました。
1年で100冊以上読んでいる人は、ふだんどんなスピードで読んでいるんだろうか、
不思議です。

そんなかんじで、あと2日、頑張ります。

仕事帰りの本屋さん。
このへんは去年から引き続き。
なるべく買わないようにという心がけをもって・・・

去年から本屋さんで平積みされている、

城山三郎・著/そうか、もう君はいないのか

素敵に老境を迎えた人が呟いたら
それはそれはたまらなく哀切を帯びたものになるタイトル。

家に「落日燃ゆ」が未読のままあるから、
なんとなく立ち読みもせずにいましたが
このたび田村正和でドラマ化ということでついに立ち読みをしてみました。

でもって、やっぱりいいや、これ以上読まない本を増やしてもなんなんで…
ということで、棚に戻そうとしたら、ばらばらーっと落ちてきて
足の甲に落ちてきたのでした。

約130ぺージの単行本とはいえ角は痛かった・・・。
おまけになんで靴でカバーしていないすれすれのところに落ちてくるかなぁ。

なんか怖くなったので、落ちてきた本を拾ってレジへ行きました。

ついでに、津田雅美の「ちょっと江戸まで・1」もお買い上げ。

テーマ:日記
ジャンル:日記
あけましておめでとうございます。

去年の書店くじを発見して、
まあどうせ当たってないだろうなとサイトで確認したら…

当たってる!!

すごいよ、連番じゃないのに。

下1ケタ100円(図書購入時に充当)。

って、ぜったい失くす。

100円て、100円て。1,000円の本買ったら1割引き。
どうしよう。

ちなみに、特等賞は10万円(図書カード)でした。

年末ジャンボは、連番とバラ20枚で600円当たりました。わーい(棒読み)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。