上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとを<嫌う>ということ

中島義道・著/角川文庫

読了。

薄いし字も大きいしと思って油断したらずいぶん時間がかかりました。
まあ寄り道のせいもあるでしょうけど。

タイトルがネガティブな印象を受けますが(そうは思わないけど)、
表紙はなんだか前向きな印象を受ける可愛らしいつくりになっています。
ポジティブシンキングを強要する自己啓発本みたいです。
読んだことありませんが。

◆内容
著者が考える「嫌い」ということ

◆感想
相変わらず引用文が多い。

そして以下に続く

スポンサーサイト
テーマ:読書メモ
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。