上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
池波正太郎「剣客商売」を読み始める。

「男の作法」を何度も読んでは(女なんですけどね)、
天ぷらや煉瓦亭に憧れていたのですが、
物語となると一作も読んだことがないのです。

まだまだ序盤ですが、なんですか、
ごはんがとてもとても美味しそう。

・根深汁
・大根の漬物
・麦飯

これを食べたいなぁと進言しますと、
「カロリー計算した?」と言われました。

牛丼メガ盛り食べたいなぁと言っているわけじゃないんだから、
必要ないでしょっ。

そして後日「剣客商売 包丁ごよみ」なるものまで買ってしまう。

手作りの味噌はどこにあるんだ。
『おせん』(絶賛休載中。再開を切望)に、巻数はわからないけど
手作り味噌のお話があって、そんな感じでつくっているお味噌やさん。
あと大根の漬物……は、沢庵しか食べられないです。

本に出ている料理をぱら見したところ、
自分で作れそうなのは、「白玉」くらい。
まあ、ベチョベチョにするのは目に見えていますが。

あ、かんじんの物語は、まだまだ序盤。



剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
(2002/09)
池波 正太郎

商品詳細を見る


剣客商売 包丁ごよみ (新潮文庫)剣客商売 包丁ごよみ (新潮文庫)
(1998/03)
池波 正太郎近藤 文夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。