上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聖女の救済

東野圭吾/文藝春秋

「流星の絆」同様、文庫を待てませんでした。
同時刊行の短編集を一緒に買わなかっただけ、理性は残ってました。

代わりに「新三河物語」(宮城谷昌光さん)を買いました。上巻だけ。

そして読了。

ビジュアルを福山雅治で読めるのでとてもたのしいです。
内海薫が出てきてびっくり。そうか、出てくるんだ。

薫ちゃんのキャラが違います(ドラマと)。
草薙さんがやっぱりいい感じ。猫ですよ、猫。

【物語】
毒殺された男。その妻に恋をした草薙刑事!
その行方は如何に!?

【感想】
おもしろかった。

8つの春です。言葉が登場したときWeb検索しましたが、
それがどうしたという感じでした。はて・・・??


以下、一言多い感想文。ネタバレというかなんというか。

スポンサーサイト
テーマ:推理小説・ミステリー
ジャンル:本・雑誌
山椒魚

井伏鱒二・著/新潮文庫

短編。

ちりめん山椒、大好きです。

■サンショウウオについて
小学館の「小学●年生」に掲載されていた「あさりちゃん」というマンガが好きで、
単行本を数冊持っていました。
その中にあさりちゃんが、さんごお母さんやタタミお姉ちゃんと温泉にいくお話がありまして、
イワシお父さんが同行していたかは覚えていませんが、
その温泉旅館で饗された料理の中に「サンショウウオ」が登場したことで
私のなかで“サンショウウオ”という生物が存在しているものになりました。


■短編「山椒魚」について
知らぬ間に大きくなって困った山椒魚の話。

以下、感想文。

行間も伏線も読めない人間にはキツイ話です。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。